野草の青汁口コミ・評価

野草の青汁レビュー
野草の青汁には3つの野草が使われているのですが、なんと全て有機栽培されたものなんです。野草なのに有機栽培?なかなか見かけない青汁だなーと気になって購入してみました。

後から分かったのですが。これらの野草は自らが持つ防疫特性が高く抗菌作用も強いので、農薬が要らないのだそうです。野草、すごいですね!

そんな生命力のエキスがギュッと詰まった野草の青汁をレビューします。
野草=苦いという印象ですが、お味はどうかな?

野草の青汁の原材料・成分・栄養素

野草の青汁の原材料は4つのみ

ヨモギ・スギナ・クマザサ・脱脂粉乳

よもぎ、すぎな、クマザサは、北海道、青森県、徳島県で有機栽培されたもののみを使用しています。

◆よもぎ
鉄、ポリフェノール、食物繊維、ビタミン類などが豊富。苦味がおいしい野草です。

◆すぎな
カルシウム、ミネラル、ビタミン類が豊富。強い生命力のある野草です。

◆クマザサ
鉄、マグネシウム、ポリフェノール、カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンK、リンなどがバランス良く含まれています。今大注目されている野草です。

野草の青汁の口コミを集計

口コミ数はあまり多くないのですが、気にいっている方、リピ購入している方が多いように思いました。様々な青汁がある中で選ばれている理由は、やっぱり「野草」というところのような気がします。

野草の青汁の良い口コミ

・家族で毎日飲んでいます。体調が良いですよ。
・リピ購入しています。体の調子がすごく良いのがわかります。
・牛乳に入れて飲むとすごく飲みやすいです。
・これまでの青汁の中で野草の青汁がいちばん飲みやすいです。
・ビタミン不足を補うために飲んでいます。飲みやすい青汁なのでとても気にいっています。
・これを飲んでいるとおなかの調子が良いような気がします。
・ 野菜不足の解消に愛用。お通じの改善も見られました。

野草の青汁の悪い口コミ

・原材料の粉乳(牛乳粉末)は牛乳なのでしょうか。気になります。
・ダマができやすいのでシェーカーが必要です。

悪い口コミは本当に少ないのですが、ダマができやすいというのが気になりますね。
それから原材料に含まれている粉乳が気になるとの声も。

▼粉乳について
粉乳についてメーカーに問い合せてみたところ、やはり牛乳の成分なのだそうです。アレルギーがある方は避けた方が良いとの回答がありましたので、ご注意くださいね。

野草の青汁を飲んで口コミを検証します

野草の青汁を開封
外箱を開けてみると、簡単な梱包材と一緒に入っていたのは野草の青汁と「自然療法への誘い」という冊子と納品書だけ!エコ包装で素敵なのですが、飲み方や目安量などの説明が書かれていないのがちょっと残念です。
メーカーの自然健康社さんの公式オンラインショップによると、

・1日あたりの目安量は約7~8g
・水分量は150ccくらいの水やぬるま湯

とのことですが、野草の青汁を販売している別のショップさんによると、

・小さじ山盛り2杯~3杯に120~180cc程度の冷水か牛乳
・水分を先に入れて野草の青汁を入れる
・シェーカーや小瓶でシェイクすると溶けやすい
・朝と夜の1日2回、おなかが空いているときに飲む。疲れがあるときや野菜不足のときには多めに飲むと良い
・1度にたくさん飲むよりも飲む回数を増やす方がおすすめ

とあります。

体調が優れないときや野菜不足が続いたときに青汁を多めに飲むと調子を取り戻す感じを経験したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。体調や目的に合わせて量を調節できるようになると青汁上級者ですね。

こちらは野草の青汁と一緒に入っていた冊子「自然療法への誘い」です。
野草の青汁と一緒に入っていた冊子
前半はこんな感じの活字ビッシリの健康トピックスで、後半は自然健康社さんの製品情報が掲載されています。

この健康情報、読んでいてとても面白いんです。そもそも免疫とは何か、少食がなぜ身体に良いのかなど、なんとなーく知っているけど説明するのはちょっと難しい内容がとても詳しく書かれているんです。読み応えがある保存版の冊子です。

野草の青汁のパッケージはこんな感じ。
野草の青汁のパッケージ
そっけないと言っても良いくらいシンプル。裏側には何も書かれていません。

パッケージの中には粉末がどっさり!
yasounoaojiru_nakami

ちょっと残念なことに、袋タイプにはジッパーがついていないので開封したら閉じることができません。
yasounoaojiru_kirikuchi

わたしが購入したのは230gの袋タイプなのですが、同じ量で瓶に入っているものもありました。袋タイプは詰め替え用なのかな?しっけないように容器を変えなければ・・・。

まずは冷たいお水に溶かしてのんでみます!

野草の青汁を水に溶かしてみました

yasounoaojiru_funmatsu
小さじ山盛り2杯をグラスに入れてみました。粉末青汁にしてはかなり多いように思います。
粉末がすごく細かくて、指で触ってみるとサラサラすぎて指紋の溝に入ってしまいそう。メイクの仕上げに使うルースパウダーみたいな細かさですよ。

水を注いで混ぜてみたのですが・・・これは失敗!
yasounoaojiru_tokenokori
溶け残りがすごい!冷蔵庫から出してすぐのかなり冷たい水で作ったからなのかもしれませんが、混ぜても混ぜても混ざらないので諦めました。
シェイカーを使わないなら、水分を先に入れた方が良いのかな?

改めて水を先に入れて作りなおしてみようと思うのですが・・・
yasounoaojiru_tokeru
まったく溶ける気がしない(笑)
マドラーでかき混ぜること30秒、結果がコレです。
yasounoaojiru_tokenai
あまり変わらないですね。たった30秒ですけど、青汁をかき混ぜる30秒間ってけっこう長いですよ~。勢いつけすぎてテーブルにピチャッと跳ねたりしてイライラしましたし。
わたしの中では、野草の青汁はシェイカー必須の青汁と決定しました!

シェイカーで10回くらいシェイクしたものがこちらです。
yasounoaojiru_sheka
泡ができていますが、ダマはゼロ!やっと飲める!

香りがけっこうしっかりしていて、お茶とはまた違う種類の植物の香りがします。お茶の香りには上品さがありますが、野草の青汁はどちらかというとワイルド。

道端の雑草をプチッと摘んだときにフワっと香る緑の香りに近いかも。新鮮さも含んだ香りでわたしはけっこう好きですが、青汁のあの特徴的な香りが苦手な方はあまり好きじゃないかもしれません。

お味も特徴的ですね~。まろやかでエグみも苦味もほぼ無いのですが、正に植物を搾って飲んでいる感じ。

そして粉っぽさがとても気になります。ひとくちめからちょっと気になったのですが、途中から口の中がザラザラになりました。あまりにもザラついているので鏡で見てみたら、写真を撮るのがはばかられるくらい舌が緑色になってました。

粉末が多すぎたのかもしれませんが、水割りには強い個性を感じました。こういう特徴的な青汁は牛乳や豆乳に溶かした方が相性が良いと思うので、次は豆乳割りを試してみます!

野草の青汁の豆乳割り

yasounoaojiru_tonyu
150mlの豆乳に小さじ山盛り2杯の野草の青汁を溶かしてみました。今回もシェイカー使用です。

豆乳を先に入れてシェイクしたのですが、上の方と底の方にちょっとだけ溶け残りがありますね。

香りはやっぱり強め、豆乳の匂いを打ち消すくらい野草の青汁の香りを感じます。口に含んでみるとやや粉っぽさがありますが、水割りのときほど強くは感じません。

お味は少し苦味がありますが、豆乳のクセが消えてまろやかさが増しました。甘さがないので大人向けのドリンクだと思いますが、これなら朝ごはんの代わりになりそう。

溶け残りがあった底の方はシャリシャリした歯ざわりがあります。粉末そのものが口に入ってきたのですが強い苦味を感じました。

公式オンラインショップには、時間がたつと底に粉末が沈むので混ぜながら飲んでくださいと記載があります。そういう製品なのかもしれませんね。
野草の青汁のこの風味はまったく苦手ではないのですが、やっぱり溶け残りが残念!

野草の青汁に期待できる効果

ショップさんは、喫煙者、野菜不足が気になる方、体力が落ちている方に多く飲むことを推奨しています。タバコを吸う方はビタミンCが圧倒的に足りていません。青汁にはビタミンCも豊富に含まれているので不足分を補えそうですね。

それから、便秘解消に期待したい方にも良いと思います。便通改善に期待できる成分といえば難消化性デキストリンですが、体質によってはおなかが緩くなることもあります。

わたしも難消化性デキストリン配合の青汁を飲みすぎると緩くなるタイプなので量を注意しないといけないんですけど、青汁自体はもっと積極的に飲みたいと思っています。

野草の青汁ならそこまで厳密に量を気にしないで飲めるので、難消化性デキストリンが入っていなくても結果的に毎日きちんと出すことに繋がると感じました。

野草の青汁と他の青汁との比較

野草の青汁にも配合されているクマザサを使用した「北海道産クマ笹青汁」と比較してみます。
野草の青汁と北海道産クマ笹青汁と比較

北海道産クマ笹青汁はこんな青汁

◆北海道産クマ笹青汁の原材料
クマ笹粉末、難消化性デキストリン、イソマルトオリゴ糖、海藻エキス
クマ笹は栽培されているものではなく自生している野生のものが使用されています。水蒸気殺菌、気流粉砕というこだわった製法で粉末化されています。

◆北海道産クマ笹青汁はどんな味?
なんとなく苦みが強いのかなーと思っていたのですが、少し甘さを感じるサラッとした青汁です。ただこちらも口の中に粉末が残る感じがちょっと強いかも。
他の粉末青汁よりもトロミが強いような気がします。

◆北海道産クマ笹青汁のお値段は?
Amazonで確認したところ3g×30包が1,354円でした。比較的お安い部類の青汁だと思います。

◆北海道産クマ笹青汁は野草の青汁と比較してどう?
純粋にクマ笹パワーが気になる方はまず北海道産クマ笹青汁を1箱試してみられても良いと思います。お求めやすいお値段ですし。ただ、原材料から考えると、より自然志向な青汁は野草の青汁だと思います。

お味も北海道産クマ笹青汁は飲みにくくはないのですが野草の青汁の方が野菜のエキスをいただいているという感覚が強いんです。その分、苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが・・・。

野草の青汁は子供も大人もみんな飲みやすいという青汁ではないので、みんなで飲みたいなら北海道産クマ笹青汁、健康のことを第一に考えるなら野草の青汁かな?と思います。

野草の青汁のお得な買い方

野草の青汁は自然健康社の公式ショッピングサイトの健康の樹さん、Amazonさんや楽天市場さんなどでも販売されています。まとめ買いするなら、おばちゃんの自然館さんからの購入がお得、単品購入なら健康の樹さんがお得です。

おばあちゃんの自然館 野草の青汁

健康の樹 野草の青汁・スペア230g

今回購入した230g袋入りのお値段は健康の樹さんなら3,240円なのですが、おばちゃんの自然館さんのお値段は3,150円とちょっとだけお安いんです。

ただ、4,800円以下のお買い物だと送料が600円かかります。健康の樹さんの送料は4,725円以下のお買い物の場合380円(沖縄1,200円、離島は別途計算)かかります。

◆単品購入
健康の樹:商品代金3,240円+送料380円=3,620円
おばちゃんの自然館:3,150円+送料600円=3,750円

わずかな違いですが単品購入なら健康の樹さんの方がお得ですね。
おばちゃんの自然館の店長さんは野草の青汁を愛飲しているご様子で、お子さんに好評な飲ませ方なども記載があります。

健康の樹にはないオリジナルのセット商品(セット割引きあり!)もあるので、多めに欲しい方はぜひチェックしてみてくださいね。

わたしは初回から袋入りを購入してしまいましたが、これだと容器を移し変えないといけないのですごく不便なんです。野草の青汁を購入するなら、お値段が少しだけお高くなりますが初回はビン入りがオススメです。2回目以降は詰め替えができます。なお、計量スプーンはどちらにもついていないようです。

野草の青汁はこんな方におすすめ

野草の青汁は、とにかく健康に気遣って製造してあるような印象を受けました。多少の飲みにくさは気にしない、ある意味玄人好みだと思いますので、青汁を始めたてで飲みやすい製品をお探しの方にはちょっとオススメできません。

既にいろんな青汁をお試しになり、より健康的なもの、より身体に良いものをお求めの方にはぜひ飲んでみていただきたいです。
野草が配合されている青汁はありますがスギナ配合の青汁はちょっと珍しいですよ。スギナは大繁殖するので場合によってはやっかい者ですが、その生命力の強さからスギナ茶などの製品にもなっています。抗がん作用があるとも言われていてしばらく流行ったこともありましたよね。

野草はなかなか口にする機会がないので、青汁という形で取り入れたい健康意識が高い方には野草の青汁がちょうど良いと思います。

ふたごのひつじ

このページの先頭へ