青汁の原料「長命草」の効果・効能

青汁の原料「長命草」の効果・効能
青汁の原材料といえばケールに大麦若葉、明日葉などが挙げられますが、まれに「長命草」が使用されている青汁も見かけられます。この長命草、普段の食卓にはあまり馴染みのない名前ですが、果たしてどのような植物でどんな効果・効能を持っているのでしょうか。

与那国島原産の長命草

長命草は沖縄は与那国島原産のセリ科の植物。多くは沖縄を中心に九州、西日本の海岸沿いに自生しています。和名では「牡丹防風(ボタンボウフウ)」といい、現地沖縄では「サクナ」もしくは「チョーミーグサ」とも呼ばれています。

厳しい日差しと強風に晒されながら生命力豊かに育った長命草はビタミンやミネラル、ポリフェノール、食物繊維の宝庫。沖縄では炒めものや天ぷら、おひたしにしたり、肉や魚に合わせて食べたりと、野菜のひとつとして食卓によく登場しています。

「一株食べると一日長生きする」とも称され、その薬効から民間療法では神経痛や風邪、ぜんそくの薬として重用されていました。さらに与那国島をはじめとした八重山諸島では神事やお祝いごとにも使われるなど、文化を象徴する存在として大活躍してきた野菜なのです。

長命草の栄養素

長命草の特徴は、各栄養素が豊富に、しかもバランスよく含まれていることです。資生堂が公開する日本食品分析センターでの調査によると、鉄はケールの約1.5倍、ビタミンA(レチノール当量)、β-カロテン、リボフラビン(ビタミンB2)、カルシウム、食物繊維はいずれもケールの約2倍、ビタミンB6は約3倍含まれています。

ご存知の通りケールは青汁の素材の王道的存在。マグネシウムなどのようにケールのほうが多く含んでいる成分ももちろんありますが、多くの人が補給したいと願うビタミン、ミネラルが長命草から効率的に摂れることは間違いありません。

さらにポリフェノールに至っては、長命草と同じく沖縄野菜の代表格ゴーヤの、実に8倍も含まれています。摂取できるのは蕎麦に多く含まれているルチン(ビタミンP)やコーヒーなどに含まれているクロロゲン酸、美容成分として化粧品に配合されることもあるビスナジンなど。これらはどれも高い抗酸化力を誇る成分です。沖縄に長寿のひとが多いのは、こうした抗酸化成分を毎日たっぷり摂っているからなのかもしれませんね。

そして長命草独自の成分としてはイソサミジンを挙げることができます。イソサミジンはクマリン化合物のひとつで男性の頻尿を改善する作用があるとされています。ただしイソサミジンは屋久島産の長命草のみに見られる成分で、沖縄や与那国島など他地域の長命草からは検出されていません。頻尿改善を見込んで長命草を摂る場合には、必ず原産地を確認するようにして下さい。

長命草に期待できる効果・効能は?

1.抗酸化作用

長命草に含まれるビタミンA、C、E、ポリフェノールのルチン、クロロゲン酸、ビスナジン、カテキンなどは強力な抗酸化作用を持つ成分です。

わたしたちの体を構成する細胞は常に活性酸素の攻撃を受けており、それが病気や老化を引き起こす元になると考えられています。その活性酸素を無害化したり消去したりするのが抗酸化物質です。

活性酸素が除去されることにより、動脈硬化やそれがもたらす全ての生活習慣病、癌などの予防につながります。

活性酸素は肌の老化にも大きく関わっているため、長命草を摂ることで美肌作用やアンチエイジング効果も期待できます。

2.糖尿病予防

近年その健康効果にも注目が集まるそばやコーヒーに含まれる成分が、長命草を摂ることで両方とも摂取できます。その健康成分こそがルチンとクロロゲン酸。どちらもインスリンの分泌を促し、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあることから、糖尿病の予防へとつながります。

3.高血圧予防

ルチンには血液をさらさらにする作用もあります。また、ビタミンEやビスナジンや屋久島産の長命草に含まれるイソサミジンには血流をよくする作用があります。

さらに各抗酸化成分や食物繊維の働きによって余分なコレステロールが血管に吸着するのを防止します。これらの成分の働きによって高血圧の改善が見込めます。

4.冷え性、むくみ改善

ルチンには血流を改善するとともに毛細血管を強化する働きがあります。これにより手足の末端まで温まりやすくなり、冷えを予防することができます。また長命草には利尿作用があるカリウムも含まれているため、不要な水分をスムーズに排出し、むくみを改善します。

5.便秘解消

長命草には食物繊維も豊富に含まれていることから、腸内環境を改善して便秘を解消する作用も期待できます。

6.ダイエット

中性脂肪の生成を抑え脂肪燃焼効果を上昇させる効果が明らかになったプテリキシン、中性脂肪をつきにくくし、血糖値の急激な上昇を抑える働きを持つクロロゲン酸。脂肪を燃焼しやすくする働きがあると言われるビスナジン。長命草に含まれているこれらの”抗肥満成分”により、太りにくく痩せやすい体へと導きます。

7.男性の排尿機能の改善

屋久島産の長命草から摂取できる独自成分イソサミジンには膀胱や前立腺の筋肉の緊張を和らげる働きがあります。残尿感があったり夜間頻繁にトイレに起きてよく眠れない方のサプリメントにもよく長命草が配合されています。

長命草には副作用はある?

これまでに長命草の大きな副作用については報告されていません。ただし長命草にはカリウムが含まれているため、腎臓に疾患があると負担がかかる恐れがあります。その場合には必ずかかりつけの医師にご相談下さい。

長命草の味は?

長命草には独特の香りがあり、やや苦味があることでも知られています。同じセリ科の野菜の中にパセリやセロリ、明日葉などがあることからわかる通り、ハーブにも似たクセや味わいを持っています。

最近の青汁は味に工夫が凝らされ飲みやすいものが多くなっていますが、心配であれば少量入りのものや少量配合のものから始めた方がいいかもしれません。

若干クセがあるとはいえ、長命草の効果・効能には目を見張るものがあります。気になる方はぜひチャレンジしてみてください!

このページの先頭へ