生青汁(MHM)口コミ・評価

生青汁(MHM)レビュー。乳酸菌が生きているのにお酒とも楽しめる♪
生青汁は生きた乳酸菌と酵素が入っている青汁です。粉末タイプなのに「生」な理由は、水と合わせると乳酸菌と酵素がよみがえるからなのだそう。
なんだかスゴそうな青汁ですが、お酒に混ぜてもおいしく飲めるらしいですよ。生青汁のキャッチフレーズは「お酒によく合う生青汁ができました。」ですから!

お酒好きさんの健康も考えてある生青汁をレビューします。生青汁ハイボールも作ってみましたよ。お味はどうかな?

MHM生青汁の原材料・成分・栄養素

MHM生青汁の原材料・成分・栄養素

難消化性デキストリン、粉末還元麦芽糖水飴、オリゴ糖、大麦若葉粉末、緑茶粉末、ほうじ茶エキス末、ケール粉末、明日葉粉末、麹(大麦、米ぬか)、乳酸菌、クチナシ色素(原料の一部に乳を含む)

生青汁に使われている緑の葉っぱは、大麦若葉、ケール、明日葉、緑茶・ほうじ茶です。大麦若葉、ケール、明日葉の3野菜が使われていますね。

◆大麦若葉
抗酸化作用が強いのでアンチエイジングに!ビタミンC、食物繊維、鉄分も豊富で、高血圧や動脈硬化の予防にも。

◆ケール
ビタミン、ミネラル、β-カロテン、食物繊維などをバランス良く踏んでいる野菜の王様。便秘改善、コレステロールの低下、血糖値の改善などに。

◆明日葉
ビタミンE、ミネラル、食物繊維をたっぷり含んでいる生命力の強い植物です。便秘改善、免疫アップ、血液を正常にしてくれます。

◆緑茶・ほうじ茶
ポリフェノールの1種である茶カテキンがたっぷり含まれています。高血圧、血糖値、コレステロール値の改善などに役立ちます。生活習慣病の改善にも。独特な苦味と渋みは旨さの元でもありますね。

◆1包(3g)あたりの栄養成分
エネルギー/11.61kcal、たんぱく質/0.14g、脂質/0.03g、炭水化物/2.68g、ナトリウム/0.74mg

生青汁がどうして「生」なのかというと生きた酵素が詰まっているからなのだそうです。生青汁は採れたての新鮮な植物を丸のまま粉砕して低い温度でゆっくり乾燥させて作られています。こうすることで酵素と乳酸菌が仮死状態になり、グラスに入れて水を注ぐことでよみがえるのだそうです。

生青汁には201億個の乳酸菌が!

生青汁には酵素も含まれているのですが、なんと201億個の乳酸菌も入っているんです。酵素+乳酸菌の相乗効果で腸をスッキリさせることができそうですね。

原材料の植物たちは伊豆と九州の自社農場、契約農家さんが栽培したもので、栽培期間中は農薬を使わずに育てられています。国産のお野菜が使われているって青汁の基本ですよね。

MHM生青汁の口コミ

生青汁のお味はかなりお茶に近いみたいで、この風味を気に入っている方もたくさんいらっしゃいました。また、お酒と一緒に提供しているお店もあって、お店ですすめられて生青汁のファンになった方もいらっしゃいます。お酒との相性が良い青汁ってかなり珍しいですよね。

良い口コミ

・溶けが良く、口の中でザラッとならないところが好きです。
・お酒と一緒に飲めるので酒好きの私は助かります!
・青汁のクセがなく薄い緑茶を飲んでいるみたいです。
・生青汁を飲み始めて目覚めが良くなったように感じます。
・2種類のお茶が入っているので、普通に日本茶感覚で飲めます。
・緑茶ハイを作るときに生青汁を使っています!翌朝の体調が違う気がします。
・飲み始めて2日目から便通の改善が見られました。

悪い口コミ

・味が薄い青汁だと思いました。
・よくかき混ぜないと沈殿してきます。
・体重が減らなくて残念。ダイエット効果はありませんでした。
・生青汁はとても薄い青汁です。濃い青汁が好きなので、わたしにはちょっと合わないかな。
・150mlの水に溶かすとちょっと味が薄いです。お酒向けの配合なのかな?

口コミを読んでみると、生青汁の良いところはお茶のような味わいで青汁のクセがとても少ないところだと感じました。食事のときのお茶として飲めると継続しやすいですよね。

規定量の150mlのお水に溶かすと味が薄いというご意見もちらほら見つかりました。水分量を減らしても薄かったらちょっと飲みにくいなーというのが今のところのわたしの印象です。

MHM生青汁を飲んで口コミを検証します

こちらが生青汁と一緒に届いたものです。
MHM生青汁を飲んで口コミを検証t
右上のカードは手書きなんですよ!わたしの名前も書かれていて、ちょっとうれしい!ひとりひとりにメッセージカードを付けるなんてすごいことじゃないですか?

こちらは生青汁のパンフレットです。
生青汁のパンフレット
一般的な青汁のパンフレットって植物の写真が載っていたりしてどちらかというと爽やかなグリーン系のものが多いんですけど、生青汁パンフからは「夜」の匂いが漂ってきます!

お酒を使ったレシピやお酒と一緒に楽しめるレシピも掲載してあります。
namaaojiru_recipe
餃子の皮に生青汁を練りこむとか、パエリアとかの活用法もあるのですが、火を通しても大丈夫なのかな?

生青汁の箱は「和」な感じ!
生青汁の箱
緑茶のティーパックが入っていそうな雰囲気ですね。

箱の裏にはお酒で割る生青汁レシピが載っています。
生青汁はお酒とあわせることも推奨
お酒とあわせることも推奨してある感じですね。大人な青汁です。

この箱の中に30包のスティックが入っています。
スティックはやや小さめです。
生青汁スティック
ランチバッグにポンと入れておけるサイズなので持ち運びには困らなさそう。

粉末はちょっと粒感があります。
生青汁の粉末
サラサラという感じではなく、どっちかというとザラザラ。
namaaojiru_funmatsuzara
指でこすってみると粒感をしっかり感じました。水にちゃんと溶けてくれるのか少し不安です。

生青汁の水割りを作ってみます

さっそくお酒で割りたいところですが、まずは冷たいお水に溶かしてみます。
グラスに生青汁を入れて、冷たい150mlのお水を入れました。
生青汁の水割り
かき混ぜる前なので、まだ塊が残っていますね。

スプーンでくるくると30回くらいかき混ぜたらこうなりました!
namaaojiru_mizumaze
かなりしっかり混ざっていますが、ほんの少しだけ粒が残っています。溶け残りがあったのがちょっと残念ですが、粉末青汁なのでこれくらいの溶け残りは許容範囲かな。

生青汁の水割りの風味・味

うーん。。。冷たいお水150mlにとかした生青汁は、味がうすい!
薄い緑茶というか、緑茶を水で薄めた感じです。香りもあまりわからないです。少しだけ緑茶のような香りがするのですが、うすくてよくわかりません。

ただ、青汁野菜独特のえぐみはまったく感じられません。そういう意味では飲みやすい青汁だと思いますが、わたしは青汁野菜のお味がしっかり感じられるくらい濃いのが好きなので、正直ちょっと物足りない!

薄い青汁がお好みの方はサラッと気持ち良く飲めそうですが、野菜の風味がしっかりしている青汁がお好きなら水分量を減らしてみてください。
次は水分量をちょっと減らして、100mlの豆乳に溶かして飲んでみます。

生青汁の豆乳割りはどうかな?

namaaojiru_tonyu
100mlの豆乳に生青汁を入れて、シェイカーでシェイクしてみました。豆乳がうっすら緑茶色になりました!

水分を3分の2まで減らしたので、しっかりお味がわかるかな?と思ったのですが、これでもまだ薄いかも。豆乳にかなりほんのりお茶の味がついた感じです。でも匂いは違います。豆乳の豆臭さがなくなっています。お茶の消臭効果かな?香りの違いはけっこうハッキリわかります。

わたしの想像ですが、生青汁はお酒の味を邪魔しない作りになっているのかもしれませんね。

生青汁でハイボールを作ってみた!

namaaojiru_higt
生青汁ハイボールを作ってみました!
作り方はとても簡単!グラスにウイスキー適量と氷を入れてソーダを注いだら軽くステアする(混ぜる)だけ!お好みでレモンを絞っても良いですよ。

見た目はかなりしっかり生青汁の色がついていますね。
今回はレモンを絞ったので、香りはレモンがいちばん強いです。その次に香るのがウイスキーで、生青汁の香りはあまりわかりません。

ソーダを入れたあとにしっかりステアしちゃうと炭酸が弱くなるので、数回しか混ぜなかったのですが底の方に生青汁のダマダマがちょっと残ってしまいました。ハイボールを作るならソーダを入れる前によく混ぜておいた方がダマになりにくいと思います。

炭酸が入っているのでもともとサッパリ系のアルコールではあるのですが、生青汁を入れることでハイボールがいつも以上にスッキリとした味わいになります。青汁の味が濃いわけではないのですが、スッキリ感が高まったのがわかるんです。しっかりした肉料理の脂もサラッと流してくれそう。
いつも食事中にウイスキーを飲むことはなく、寝る前のゆっくりした時間に楽しむことが多いのですが、生青汁ハイボールは食事と一緒にいただきたいお酒です。

すっきり度が増すだけで風味が大きく変わる感じはないので、ハイボールとしても楽しめつつ、健康にも良い飲み物ですね。これがお店にあったら注文してしまうこと間違いなしです!

水、豆乳、ハイボールの中で生青汁といちばん相性が良いのはハイボールだと感じました。青汁って炭酸水に溶かしてもおいしくないんですけど、ハイボールにするとこんなにおいしくなるということが新しい発見でした。

生青汁に期待できる効果

生青汁は、積極的なダイエット向けというよりも毎日を健康に過ごすことをちょっと手伝ってくれるという感じだと思います。
栄養は1度にたくさん摂るよりも毎日の生活に満遍なく取り入れた方が良いのですが、1日3回の食事だけでは難しいですよね。

生青汁は豆乳や牛乳に溶いて朝飲んでも良いし、お水に溶かしてお昼に飲んでも良いし、お酒に混ぜて夜飲むこともできます。

1日たった3回でも毎日続けることで身体は変わっていくはず。生青汁は毎日ちょこちょこ取り入れて、健康機能の底上げを図るのにちょうど良い青汁だと感じました。

生青汁と他の青汁との比較

酵素と乳酸菌が生きているのが生青汁の良さですが、これぞ青汁!という感じの濃さが無いのが個人的に不満なところです。

サンスターの「健康道場」粉末青汁は、濃いめの青汁が好きな方でも満足できると思うので、こちらをご紹介します!

サンスター「健康道場」粉末青汁はこんな青汁

こちらがサンスターの健康道場「粉末青汁」です。
サンスターの健康道場「粉末青汁」
1袋10gを160mlの水分に溶かしていただきます。1袋に10gの粉末が入っているのはかなり多い方なんですよ。水に溶かしただけなのにすごく色が濃いのがお分かりいただけるでしょうか?透明度ゼロで抹茶のようです。

健康道場「粉末青汁」の原材料は「ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ」の5つです。これだけしか入っていないので、お味はかなり濃くてブロッコリーや明日葉の甘さや緑のお野菜の風味がとてもしっかり分かります。苦さはまったく無く、どちらかというとお野菜の甘さが強い青汁です。

粉末が多いので少し溶け残りが出るときもあります。わたしはいつも溶け残りに少量の水を入れて飲み干すようにしています。

豆乳との相性もすごく良く、シェイカーを使うと少しトロッとしたスムージーみたいになるんです。これは朝食にすごくオススメですよ。

サンスター「健康道場」粉末青汁のお値段は、単品購入で1箱4,500円(税抜)、定期購入なら1箱4,050円(税抜)です。
ちょっとお高く感じますが、目安量は1日1袋ですし10gも入っているので実はお得なんですよ。

健康道場「粉末青汁」のオススメポイントは、なんといっても野菜しか入っていないところ!もちろん全て国産のお野菜です。

健康にも良いですし、青汁を飲んで野菜不足が徐々に解消されることでカラダがどう変わっていくのかをじっくり検証したい方にも良いと思います。
お野菜の甘さが強くて味が濃いので、お子さんは苦手かもしれませんが、健康的なおいしさが好きな方にはぜひ試して欲しいです。

生青汁のように乳酸菌や酵素が生きているなどの記述はありませんが、お野菜の栄養をそのまま摂れるので、野菜不足解消による健康&美容効果に期待して良いと思います!できるだけナチュラルな青汁がお好みの方にもおすすめの逸品です。

生青汁のお得な買い方

わたしはメーカーのMHMさんの公式サイトから購入しました。
公式サイトからの購入だと30日間返金保証がついているので安心ですよ。商品を受け取った日から30日以内であれば、開封済みでも商品代金を返金してもらえるんです!

生青汁には4つの購入方法があります。

◆サンプル購入
送料無料の500円で生青汁6包をお試し購入することができます。お味が気になる方はサンプルからどうぞ!
サンプルのお支払い方法はクレジットカードのみになります。

◆単品購入
1箱30包で3,600円(税抜)+送料別途
定期購入の縛りがないので、とりあえず1箱だけ試したい方にオススメ。送料は配送先地域によって異なります。

◆同時購入
30包×3箱の3ヶ月パックです。お値段は3箱で9,800円(税抜)送料無料。
1箱あたり約3,270円なので、単品購入よりも330円ほどお得です。

◆定期購入
3回の購入がお約束で割引きがあるコースです。1箱あたりの金額は3,000円
(税抜)です。送料も無料になります。
定期購入にすると30日間返金保証対象外になるので、そこだけお気をつけ下さいね。

材料や成分にこだわって青汁を選ぶのも良いですが、生青汁みたいに柔軟な製品もストックしておくと便利ですよね。

公式サイトには生青汁を使ったレシピ集もあります。普通、自社製品を使った公式サイトのレシピ集ってカンペキなものばかりじゃないですか?でも、生青汁のレシピ集には失敗バージョンとその作り方もきちんと載せてあるんです。

発想が面白いメーカーさんだからお酒に合う青汁を開発できたのかもしれませんね。レシピ集は必見ですので、ぜひチェックしてくださいね!

ふたごのひつじ

このページの先頭へ