UMIウェルネス青汁ゼリーレビュー 青リンゴ味はホントに食べやすい?

UMIウェルネス青汁ゼリーレビュー 青リンゴ味はホントに食べやすい?
UMIウェルネス青汁ゼリーはゼリータイプの青汁です。お味は甘酸っぱい青リンゴ風味で冷やすととってもおいしいんです。スティックから直接食べることができるので、水もコップも要らないし溶けが悪くてイライラすることもありません!

青汁最大のデメリットである味がしっかりカバーされていますしメリットが多くてオススメですと言いたいところなのですが、ちょっと気になる部分も見当たりました。

UMIウェルネス青汁ゼリーを実際に食べてみて、良かったところとやや不満なところをレビューしましたので、ぜひご覧になってくださいね。

UMIウェルネス青汁ゼリーの原材料・成分・栄養素

UMIウェルネス青汁ゼリーの原材料
UMIウェルネス青汁ゼリーの主原料は大麦若葉。宮崎県産の大麦若葉が使用されています。大麦若葉は食物繊維が豊富で、ビタミンB1、ビタミンC、カロチン、亜鉛、鉄などもしっかり含まれています。

ただちょっと残念なことに、青汁ゼリーの原材料を見るとやっぱり粉末タイプのものよりは添加物が多いように思います。

◆UMIウェルネス青汁ゼリーの原材料
難消化性デキストリン、りんご果汁、大麦若葉、ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

ゲル化剤(増粘多糖類)・酸味料・香料・甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、この4つは青汁をゼリー状にしたり風味を良くするために使われているので、本当に健康のことを考えると不要とも言えるもの。実際、甘味料などが使われていない青汁もたくさんありますよね。

成分はどうなっているのでしょうか?

◆1本あたりの栄養成分
熱量:14kcal・たんぱく質0.1g・脂質0g・糖質1.5 g・食物繊維3.6 g・ナトリウム5mg

食物繊維量がとても多い!青汁ゼリーの食物繊維量は1本でレタス1個分に相当するんです。食物繊維たっぷりで、おいしくて続けやすい青汁を目指して作られているという感じですね。

1日の目安量は記載がありませんが、1箱30包が約1か月分なので、1日1本で良いのだと思います。難消化性デキストリンも配合されているので、食べ過ぎると逆におなかが緩くなってしまうかも。

UMIウェルネス青汁ゼリーの口コミ

UMIウェルネス青汁ゼリーの口コミはやっぱり味や食べやすさに関するものが多いように思いました。みんなおいしくて食べやすい(続けやすい)青汁を探してUMIウェルネス青汁ゼリーに辿り着くのかな?
気になった口コミをご紹介します!

良い口コミ

・ 青汁の風味もあるけど、おいしい青リンゴゼリーという感じです。
・ 青汁独特のあの苦味がない!
・ 1日2本食べてます。時間が無い朝でも簡単に食べられるところが気に入っています。
・ お通じが良くなってきたのを実感しています。
・ 肌の調子が良くなってきましたよ!吹き出物ができなくなりました。
・ UMIウェルネス青汁ゼリーを始めてから風邪をひきにくくなりました。

悪い口コミ

・ 1包100円と考えるとちょっと割高に感じます。
・ ちょっと苦味を感じます。
・ 甘味料などの添加物が気になりました。

実際食べてみると青汁を飲んでいるというよりもおやつを食べているという感じなので、たったこれだけで便通が改善したり風邪をひきにくくなるなら本当にスゴイと思います。

青汁が苦手なお子さんも毎日食べてくれるという口コミもありました。味を気に入ってくれたら野菜嫌いのお子さんにも良さそうですね。

UMIウェルネス青汁ゼリーを飲んで口コミを検証します

ゼリー状ということで腹持ちはなんとなく良さそうな感じがしますが、味は本当に青リンゴ風味なのでしょうか?

こちらがUMIウェルネス青汁ゼリーと一緒に届いた一式です。
UMIウェルネス青汁ゼリーと一緒に届いた一式
右下の天然調味料のスペシャリストが~~というものはUMIウェルネス青汁ゼリーの紹介なんですけど、これがとても簡潔でわかりやすい!1度読むだけでなぜ大麦若葉を採用したのか、なぜ青リンゴ味にしたのか、なぜゼリー状にしたのかなどが頭にスーッと入ってきて、なるほど!と納得できます。

「元気新聞」には間違い探しなどの脳トレや座ったままできるリンパマッサージのやり方なども書いてあります。こういうプチ情報って意外と役に立ちますよね!

こちらがUMIウェルネス青汁ゼリーの箱。
UMIウェルネス青汁ゼリーの箱

フタに切り取り線がついていて、立てて保管しても取り出しやすいように作られています。
umijelly_hako2
こういうちょっとした気配りって日本の企業ならではですよね。嬉しくなります!

この箱の中には30本のスティックが入っています。
UMIウェルネス青汁ゼリーのスティック
グラデーションがすっごく爽やかなスティックなのですが・・・
umijelly_hontai
中身は昆布みたい!
スティックのデザインとのギャップにちょっとビックリしました!

恐る恐るスティックから出してみると・・・
umijelly_konbu
やっぱり昆布みたい(笑)
見た目は、おいしそう!と思える感じではありませんが、こうやって1本をまるごとまじまじと見ることはあまりないので問題ナシです。

お皿に出して食べても良いと思うのですが、続けやすさを考えたらスティックから直接食べた方が簡単ですよね。
口の端を切らないように注意しながら直接食べちゃいましょう!

UMIウェルネス青汁ゼリーの風味

UMIウェルネス青汁ゼリーの風味
香りはリンゴ感がとてもしっかりしています。緑のお野菜の香りも少しだけありますが、粉末青汁と比較するとかなり爽やかです。

お味はかなり青リンゴ!甘みだけでなく酸味もしっかりあって、甘酸っぱいジューシーな青リンゴゼリーという感じです。
食感はゼリーというよりも柔らかめの羊羹みたい。こんにゃくゼリーのような弾力はないので、歯が弱い方でも食べやすいと思います。

これは冷やした方がおいしいと思うので、冷たくしていただいてみます。

UMIウェルネス青汁ゼリーを冷やしてみた!

UMIウェルネス青汁ゼリーを冷やしてみた
冷やしたUMIウェルネス青汁ゼリーをスプーンの背でつぶしてクラッシュにしてみました。冷蔵庫でしっかり冷たくすると弾力が少し増します。スティックから直接チュルンと吸い込むときは喉につまらないようにご注意くださいね。

冷たい方が味がまとまる気がします。常温ではやや強めに感じた甘酸っぱさが穏やかになりました。それから、常温のときに少しだけ感じた緑のお野菜のお味も冷やした方が感じにくくなります。

冷たくしても常温でもそのまま食べられるのにおいしいって、青汁の面倒な部分を全て無くしてあると言っても良いですよね。実際に食べてみるとゼリータイプの青汁ってすごく革命的な商品であることがよくわかります。

UMIウェルネス青汁ゼリーを凍らせてみた!

UMIウェルネス青汁ゼリーを凍らせてみた
スティックのまま冷凍したUMIウェルネス青汁ゼリーを4つにカットしてみました。
色がちょっとゼリーっぽくないですが、食べた感じはゼリーを冷凍したあの感じとまったく同じ!この見た目からは想像できないくらい青リンゴの爽やかな味がしますよ。国産のりんご果汁がすごく良い味を出していて、冷たいデザートとしてじゅうぶんおいしく食べられます。

わたしがいちばん好きなのはこの冷凍バージョンですが、スティックのまま凍らせてしまうとすごく開けにくくて常温や冷蔵のときのようにスティックからスルッと出すことができません。
umijelly_icestick
スティックをはさみで縦に切ると出しやすかったです。
冷凍はちょっとだけ手間ですがこれくらいの手間ならかける価値ありのおいしさですよ。口にポンと入れたら冷たさが口の中いっぱいにじわーっと広がって、ゼリーがぷるんぷるんに戻って溶けていく感じは大人でもハマるくらい本当においしいので、ぜひ試してみてくださいね。
ここまでおいしくなると、青汁って言われないとわからないと思います。

UMIウェルネス青汁ゼリーに期待できる効果

配合されている青汁野菜は大麦若葉のみですが大麦若葉は鉄分やカロチン、カルシウムなどがかなり豊富で、しかもバランスが良いんです。
毎日の野菜不足解消にもなりますし、便通改善にも期待できますよ。

冷たくしたらお子さんもより食べやすくなると思うので、お野菜が苦手なお子さんがパクパク食べてくれそうなところも大きなメリットだと思います。

UMIウェルネス青汁ゼリーと他の青汁との比較

UMIウェルネス青汁ゼリーの良いところはなんといっても青リンゴ味で食べやすいところなので、純粋に青汁野菜100%でできていて、しかも粒タイプで飲みやすい「元気な青汁」と比較してみます。

元気な青汁の原材料など

UMIウェルネス青汁ゼリーと元気な青汁との比較
元気な青汁はキューピーの製品なんです。よく知っている食品メーカーの青汁というだけで安心度が高まりますし、続けられる工夫が施されているなぁと思います。

元気な青汁の原材料は、なんと有機ケール100%!これ以上ないというくらいシンプルで安全性も考慮されている青汁です。

◆元気な青汁1袋(10粒)の主な栄養成分
エネルギー:5.9kcal、たんぱく質:0.38g、脂質:0.1g、糖質:0.58g、食物繊維:0.57g、ナトリウム:4.52mg、ギャバ(γ-アミノ酪酸):6.3mg

ケールは1年中収穫できる野菜なのですが、元気な青汁に使われている青汁は冬季に栽培したケールだけなんです。冬のケールは栄養価が高くなるのだそうです。そして、低温の遠赤外線でじっくり乾燥させてあるのでケールに含まれているギャバが元の量よりも増えているのだそうですよ。

元気な青汁はどんな味?

粒だけを口にいれるとキャベツを濃くしたような味を感じますが、しっかり味わおうとしなければそこまで強く風味を感じることはありません。そのまま水と一緒に飲んでしまえば青汁特有のえぐみなどを感じるヒマもなく喉の奥に流れていきますよ。

元気な青汁のお値段

元気な青汁は単品購入でも初回割引きがあります。
1箱30包の通常価格は3,240円(税込)なのですが、初回は半額の1,980円になります。送料も無料!

最初から定期購入で良いという方はさらにお得です。初回は30包2箱が半額になって3,024円、2回目以降も5%オフで5,745円(2箱・税込)です。

ケールは大麦若葉よりもクセの強い青汁野菜なので苦手な方もいらっしゃると思いますが、元気な青汁ならあの独特の風味を感じずに飲むことができるので、味が苦手でケールの青汁を継続できなかった方にもオススメです。

青汁ゼリーと元気な青汁 どちらが良いの?

UMIウェルネス青汁ゼリーを開発したのは「焼津水産科学工業株式会社」という会社さんです。
焼津水産科学工業株式会社は1959年創設の東証一部上場企業で天然調味料や機能性食品の研究を行っている老舗メーカーなんです。原材料のところで添加
物が多めとお話しましたが、もちろん安全性は考慮されていますし心配は要りません。むしろ市販のお菓子よりも栄養豊富なのでおやつに良いと思います。

青汁を始めた方が3ヶ月以内にやめてしまう理由は苦くてマズいからなのだそうです。それから水に溶かして飲むのが面倒というご意見も多いそうですよ。そこで焼津水産科学工業株式会社は、無理なく続けられる青汁としてゼリータイプの青リンゴ味を開発しました。

UMIウェルネス青汁ゼリーは、安全においしく簡単に続けられることをちゃんと考えてある青汁です。粒タイプだったら気にせず飲める方、なるべくシンプルな原材料の青汁が良い方は元気な青汁、とにかくおいしく続けやすい青汁が良い方はUMIウェルネス青汁ゼリーを選ぶと長く続けられると思います。

お子さんの野菜不足解消向けの青汁をお探しの方にはUMIウェルネス青汁ゼリーをオススメします。冷蔵庫で冷やしてから食べさせてみてくださいね。

UMIウェルネス青汁ゼリーのお得な買い方

UMIウェルネス青汁ゼリーを販売しているショップをかなり探してみたのですが、なんと公式サイトしか見当たりませんでした。
公式サイトでの購入方法は3種類あります。

◆単品購入
とりあえず1箱だけの単品購入なら3,250円(税抜)+送料600円
お値引きはありませんが、いちばんシンプルに購入できますね。

◆2箱以上の購入
2箱以上のまとめ買いなら1箱あたり5%の割引きになるので3,080円(税抜)の送料無料で購入できます。2箱なら6,160円ですね。

◆定期購入
定期購入なら初回はモニター価格の980円で、2回目以上は10%オフの2,900円(税抜)になります。

定期コースは最低2ヶ月(2回)のお受け取りがお約束の購入方法ですが、いちばんお得度が高いですね。
2ヶ月続けた場合の金額は
・単品購入:7,700円
・まとめ買い:6,160円
・定期購入:3,880円

なので、頑張って続けられそうなら定期購入が最もお安く購入できることになります。
それからUMIウェルネスのほかの商品と一緒に定期購入すると1箱2,500円(税抜)になりますよ。

UMIウェルネス青汁ゼリーは粉末タイプと比較すると若干お高めかな?と思います。家族で飲むなら、お子さんや青汁が苦手なご家族にはUMIウェルネス青汁ゼリーで、粉末青汁がお好きな方は他社さんの青汁と使い分けると経済的にも無理なく続けられそうですね。おいしいですが添加物が入っているのがちょっと残念。

<管理人レビュー評価>

3.8 /5

ふたごのひつじ

このページの先頭へ