オーガランドの青汁とオーガランドの濃い青汁を飲み比べてみた

オーガランドの青汁とオーガランドの濃い青汁を飲み比べてみた
オリジナルサプリメントを多く取り扱っているオーガランドが販売している「オーガランドの青汁」と「オーガランドの濃い青汁」の2種類を飲んでみました。
飲み比べが今から楽しみです♪

どっちの青汁にするか迷っている方は参考にしてください。

オーガランドの青汁と濃い青汁の原材料

2つの青汁の主原料は共に「大麦若葉」

食物繊維が豊富に含まれているので便秘改善などにも効果を発揮します。
鉄分が沢山入っているので女性の鉄分不足の解消にも一役買ってくれます。大麦若葉といえば、抗酸化作用の高いSOD酵素を含んでいることでも有名です。

体が老化(=酸化)することを抗ってくれるのでアンチエイジング効果が期待できます。食物繊維も豊富ですので便秘解消も期待ありです。そして、大麦若葉は青汁原料の中でも抹茶の風味を感じ、飲みやすく人気の高い野菜です。

2つの青汁は共にこの大麦若葉を主原料として作られています。

1.オーガランドの青汁のその他の原材料

オーガランドの青汁の原材料

ケール

キャベツやブロッコリーなどの原種といわれているケールは、ビタミンやミネラルが豊富で、特にポリフェノールの1種であるルテインを多く含んでいます。
ルテインは目の疲れ対策や眼病予防、血液をサラサラにする効果も合わせ持ちます。
大麦若葉と並んで青汁によく使われている材料のベスト3に入っている栄養価の高い野菜です。

ゴーヤ

沖縄の伝統料理でも有名なゴーヤ。
ビタミンCを豊富に含んでいます。通常ビタミンCは熱に弱いのですが、ゴーヤのは熱に強いので加熱調理をしても壊れにくいという素晴らしい特長を持っています。

そして、モモルデシンという老化防止作用に優れた物質も含んでます。
植物性インスリンも含まれているので血糖値を自然な形で安定できることも判っています。

イソマルトオリゴ糖

オリゴ糖の一種です。
他のオリゴ糖と同様おなかをゆるやかに整えてくれる作用があり、砂糖よりカロリーオフというのも嬉しいところです。
腸内の善玉菌のえさとなる糖分なので、白砂糖に替えて料理に入れたりと積極的に摂りいれたい物質です。

オリゴ糖を摂取することで腸内のビフィズス菌が増え、環境が整ってくれば、アレルギーやアトピーさえも抑制されると言われています。

また、メタボリックシンドロームにもオリゴ糖は有効です。
加齢やストレスで新陳代謝が鈍くなってくると、腸内環境も劣悪になり、善玉菌の減少となります。そこでえさとなるオリゴ糖を摂取し、善玉菌にエネルギーをあげることで腸内環境が改善されるという仕組みです。

緑茶末

菌に強いカテキンを豊富に含む緑茶を粉末状にして配合してあります。
お茶を飲むと渋味を感じますよね。それがカテキンの味なんです。

カテキンはその名の通り「菌に勝つ」といわれるくらいの抗酸化作用に優れた物質です。
この他にも血糖値やアレルギーも抑制してくれます。
脂肪の燃焼効果を高めるのでメタボ対策としても有効です。

オーガラントの青汁は、野菜の栄養素だけでなく腸内環境を改善してくれる、贅沢な青汁になっています。

2.オーガラントの「濃い青汁」のその他の原材料

オーガラントの「濃い青汁」の原材料

難消化性デキストリン

とうもろこしや小麦を原料に作られる難消化性デキストリンにはダイエット中や脂肪、健康が気になる人にはおすすめの成分です。その名の通り「消化し難い」成分ですので、食事の際やその前後に摂取すると糖や脂肪の吸収を自身とともに消化させにくくする反面、ミネラルの吸収は促進するという素晴らしい作用があります。

香料、保存料、合成甘味料を不使用とし、残留農薬も不検出なので安心して飲める青汁です。

濃い青汁は大麦若葉を1包2.5gに1500mg配合することで「濃く」仕上げてあり、主に2つの原材料に絞って作られています。

2つの青汁の口コミも調べてみました

1. オーガランドの青汁の口コミ

オーガランドの青汁の口コミ

▼評価の高い口コミ
・野菜不足解消の為に飲んでいます。美味しいので継続決定です。
・安いという点も気に入って、1日2杯飲んでいます。
・青臭くなく、美味しい。子どもにも飲ませています。
・飽きずに飲むことが出来ます。青汁の敷居が高いと思っている人は是非飲んでみて欲しいです。
・甘めの仕上がりですので青臭さを感じないのがいいです。

▼評価の低い口コミ
・甘すぎました。抹茶のお菓子が好きならいいかもしれません。
・飲んだ感じが青汁って思えなかったです。
・甘すぎて私には無理でした。

2 オーガランドの濃い青汁の口コミ

オーガランドの濃い青汁の口コミ

▼評価の高い口コミ
・美味しいです。抹茶の香りが好みです。
・一番気に入ったのは溶けやすいことと美味しいことでした!
・渋めのお茶にプラスαしたような味になっていて、毎日飲めそうです。
・とても美味しいです。子どもも飲んでいます。
・はちみつを入れて飲んでもいいです。美味しいです。

▼評価の低い口コミ
・飲み始めたばかりです。効果はまだです。
・味が私には駄目でした。
・青くささが感じられましたのでリピはありません。

口コミから判断しても、「濃い青汁」の方が万人にウケのよい仕上がりになっているように思いました。
安価に青汁を飲むことが出来る点では、両者どちらにも共通しています。大手青汁メーカーに比べると格段に安いと思います。

オーガランドの青汁とオーガランドの濃い青汁の二つを飲み比べます

公式ページと楽天市場店の両方で販売しているようですが、今回は楽天市場店で購入しました。
001oglaojiru
注文後1週間で到着しました。クロネコDM便だったので思ったより少し時間が掛かったような印象です。

中身は二つともパッキンでしっかりと保護されていたので安心です。
002oglaojiru
中にはチラシが一枚一緒に梱包されています。

2つの青汁を開封します

2つの青汁を開封
パッケージの大きさは左の濃い青汁の方が大きいのですが、中身は濃い青汁が2.5g、右の青汁の方は3gでした。
どちらも密封できるチャック付きの外装ですが、濃い青汁の外装は紙製、青汁の方はアルミ製です。

粉の状態

更に個包装を開封し、実際に味などを比較してみます。

・オーガランドの青汁(粉)
オーガランドの青汁(粉)
オーガランドの青汁(粉)の味:大麦若葉特有の抹茶の味が前面に感じる。茶葉に近い味わい。

・オーガランドの濃い青汁(粉)
オーガランドの濃い青汁(粉)
オーガランドの濃い青汁(粉)の味:とにかく甘い。ケールの苦味は判らないくらい。他の葉の青臭さや味も強くない。

2つの青汁を水に溶かしてみた状態

2つの青汁を水に溶かしてみた状態
色の違いがはっきりと分かれています。
左の濃い青汁は大麦若葉の鮮やかなグリーン、右の青汁の方はケール、ゴーヤも入っているのでくすみの掛かったモスグリーンとなっています。

水割り オーガランドの濃い青汁 オーガランドの青汁
香り わずかに青々しい 甘い香り
抹茶の味がしっかりと前面に感じる。茶葉に近い味わい。苦味などは無いが甘さも強くない。爽やかな飲みごたえ。
ちょっと甘すぎるかも。その分ケールやゴーヤの苦味は一切感じないので青汁デビューするならここからがオススメ、といった仕上がりになっている。

2つの青汁を牛乳に溶かしてみた状態

オーガランドの青汁は甘いので濃い青汁よりも牛乳に合うかもしれないと予想してみました。
2つの青汁を牛乳に溶かしてみた状態

牛乳割り オーガランドの濃い青汁 オーガランドの青汁
ミルクの甘さが入ることで抹茶ミルクに仕上がっている。
牛乳を入れることで却ってケールの青みをわずかに感じたが苦味は無い。甘みは更に強くなった。

オーガランドの青汁の方はミルクを入れると伊藤園 毎日1杯の青汁に少々似た味になりました。

家族の1人が飲んでみたいと言いましたので試飲してもらいました。さっぱりした味が好みなのでやはり、オーガランドの濃い青汁が好きだと言っってました。翌日のお腹はややゆるめになってしまいましたが、便秘気味なのでちょうど良かったらしく、また飲みたいと言ってました。

一方、オーガランドの青汁の方はというと、甘みが強いので甘いものが好きな人には好みだと思います。先ほどの家族はこちらも少々飲みましたが、甘みの強いオーガランドの青汁は苦手と言ってました。

また、牛乳で割る場合は、てっきり甘い「オーガランドの青汁」の方が合うと予想しましたが、牛乳割も、ほんのりした甘さ&後味がさっぱりした味わいの「濃い青汁」に軍配が上がりました。

2つの飲んでみて思った事

オーガランドの青汁は、大麦若葉だけでなく、ケールやゴーヤも入っているので、沢山の効能が欲しい欲張りさんにはオススメです。私もゴーヤのパワーは是非欲しいと思ってます。
しかし残念なことに少々甘すぎました。甘味料のスクラロースは不要ではないかなと思いました。

オーガランドの濃い青汁は水でも牛乳でもさっぱりした味の中に抹茶の風味を感じるので、正直こっちの青汁の方が美味しいです。大麦若葉の恩恵も「濃い目」になっているということで他の野菜が入っていなくても充分かもしれません。味覚の面からも継続して飲みたいと思ったのはこちらの青汁でした。

まずはオーガランド「青汁飲み比べセット」がおすすめ

今回、私が購入したのは初回購入限定の青汁飲み比べセット(7本入り×2種)300円でした。お試しセットはどちらを買うべきか迷った時に安価で確かめることが出来るのでおすすめです。

私の場合、飲む前は「オーガランドの青汁」の方が沢山の成分があるので魅力的でしたが、いざ飲んでみると「濃い青汁」の方が美味しいので、こちらを続けたい気持ちに変わりました。

甘いもの好きな方など、人によっては「オーガランドの青汁」の方が好みの方もいるかと思います。
まずはオーガランド「青汁飲み比べセット」を試してみてくださいね。
若山あお

このページの先頭へ