美力青汁beautyを試してみた

美力青汁beautyを試してみた
便秘の解消や生活習慣病の予防など様々な効果が期待できる青汁。健康への関心が高まっていることもあり、老若男女問わず青汁を飲む方が増えています。

そんな中、美肌へのアプローチを存分に意識した、女性のための青汁も次々と登場しています。今回はそうした青汁の代表的な存在、ミッシーリストの「美力青汁beauty」を実際に飲んでみてレポートしたいと思います。

美力青汁beautyはカリスマエステティシャン高橋ミカさんがプロデュースした女性専用青汁。東原亜希さんをはじめ芸能人にもファンが多いと言われていますが、果たして一般的な青汁とどんな点が違っているのでしょうか?


もくじ

美力青汁beautyにはどんな効果が期待できる?

公式サイトでは美力青汁beautyを「お肌がよろこぶ贅沢美容成分配合」「飲む美容液」と説明しています。この青汁をプロデュースした高橋ミカさん曰く、「食育指導士、サプリメント管理士と一緒に美容成分を選定し、こだわりぬいて開発した美容のためのドリンク」とのこと。

その注目の美容成分とは、

・高い抗酸化作用を持ち美白肌をつくる「ビタミンC」
・肌に弾力性となめらかさを与える「フィッシュコラーゲン」
・肌細胞同士の隙間を埋めて肌を保湿する「セラミド」
・保水力が高く肌細胞から潤いをのがさない「ヒアルロン酸」
・栄養価が高く女性に美と健康をもたらす「ローヤルゼリー」

の5種。確かにこれらは美容液や美容ドリンクに配合されているような成分で、特にビタミンC以外の4種類は一般的な青汁には見られない成分です。

一般的な青汁にも食物繊維が豊富に含まれているので、便秘が解消され腸内環境が整うことで自然に美肌づくりにも繋がっていきます。しかし、美容成分がさらにプラスされていることで、まるで青汁と美容ドリンクのいいとこ取りをしたような商品になっているんですね。

もうひとつユニークなのは、この美力青汁beautyにはローズの香りがプラスされていること。ローズの香りというとそれだけで贅沢な気分になれそうですが、実はローズの香りにも美容効果やホルモンバランスを整えてくれる作用があるのだそうです。

まさに女性を綺麗にするためのこだわりが存分に詰め込まれた、美容サプリのような青汁だと言えそうです。

美力青汁beautyの口コミをチェックしてみました

★プラス評価の口コミ
・サラサラの青汁。水に溶かしてもなめらかな口当たりで飲みやすいです。
・青汁独特の青臭さがなく、おいしく飲めます。
・青汁というよりは少し苦味のある抹茶のような味わいです。
・飲み始めてから悩まされていたニキビが消え、肌の調子が良くなりました。
・牛乳に溶かすとおいしいです。
・便秘が改善したので、これからもリピートします。
・以前から飲んでいますが、リニューアルしてからぐっと飲みやすくなりました。
・いろいろな成分が入っていて美容にもいいです。毎日飲んでいます。

★マイナス評価の口コミ
・ローズの香りがあまり好みではありません。
・水に溶かすと酸っぱいような味で、馴染めませんでした。
・青汁らしくないのが逆に好きになれない。香りもないほうがいいのでは?

割合的には高評価が多いのですが、香りを含めて青汁らしくない点を好ましく思うか、そうではないかでかなり意見が分かれているようでした。
リピーターにはやはり成分の良さや効果への実感を評価する意見が多く見られました。

これらの口コミは本当? それを確かめるべく、7日分のお試しセットを申し込んでみることにします。

美力青汁beautyを実際に飲んでみました

メール便での発送ということで、申し込んでから5日程度で到着しました。
美力青汁beauty到着

ぺらっとした通常の封筒を使った簡易包装ですが、特に問題はありません。

美力青汁beautyパンフレット・割引券
中身はパンフレットがいくつかと青汁7日分だけで、とてもシンプル。次回の購入時に使える割引券なども入っていました。
美力青汁beautyパッケージ
青汁は女性を意識したパッケージです。

裏面は原材料名などが記載
裏面は原材料名などが記載されています。
では中身を開けてみます。

美力青汁beautyパウダー
お茶に似たパウダー状で、ほんのり酸っぱいような香りがします。ビタミンCと原材料の香りなのでしょうが、一瞬「酢昆布」を思い浮かべてしまいました……。これがローズの香り??
では水に溶かしてみることにします。

美力青汁beautyの作り方は?

ところがここで困惑してしまいました。
というのも、今回送られてきたパンフレット等の中にはどの程度の水で溶かせばいいのか説明が全く見つからなかったからです。
自由に飲めということなのか。……しかし最初の目安としての水の分量は記載しておいてほしいと思いました。

これまでの経験上、1袋を50~100mlの水に溶かすケースが多かったので今回は80mlの水に溶かして試してみました。

006biryoku
ダマなどができることもなく、スプーンでくるくるかき混ぜるだけでスッと溶けていきました。手間が掛からないのはありがたいですね。

ひと口飲んでみて、ここでやっとローズの香りを理解しました。コップの中の青汁が香るというより、口の中を通して香ってくる感じです。悪い香りではないのですが、個人的にはローズの香りが青汁に溶け込んでいないというか、なんだかミスマッチな印象でした。

ビタミンCの酸味があることから飲み口はさっぱりとしています。苦味はありません。正直に言えばあまりおいしいとは感じられませんでしたが、飲みにくいというほどでもありません。ただ、口コミにあった「抹茶のような味わい」は、ちょっと違うと思いました。

ここで一緒に試飲していた娘が「意外と飲みやすいね。これ、コラーゲンが入ってる?」とひとこと。今回の試飲に際して事前に情報は一切伝えていなかったのですが、甘みの少ない美容ドリンク系の味だと感じたようです。

※試飲した後で公式サイトを見直したら、そちらには「100~150mlの水または好みの飲み物に入れて」との記載がありました。
つまり今回は少し濃い目に作って飲んだことになりますが、「濃い」とは全く感じませんでした。逆に本来の割合で作ったら薄いと感じていたかもしれません。

豆乳に混ぜて

せっかくの女性のための青汁なので、大豆イソフラボンたっぷりの豆乳に混ぜて飲んでみました。
青汁を豆乳に混ぜて

これは今ひとつでしょうか……。ローズの香りとビタミンCの酸味、豆乳の甘味があちこちに散らかってしまった印象です。ほとんどの青汁は豆乳と相性が良いのですが、美力青汁beautyはよくも悪くも個性的な味。これなら水に溶かしたほうがさっぱりとしていて飲みやすいと思いました。

ちなみに公式サイトでは水やヨーグルト、ジュースに溶かして飲んで(食べて)いるというリピーターの声が紹介されていました。

美力青汁beautyの成分・原材料は?

美力青汁beautyは九州産で農薬を使わずに育てられた大麦若葉をベースに、かぼちゃ、ほうれん草、レタス、セロリ、きゅうり、トマト、オレンジ、レモン、パッションフルーツ、ライチ、りんご、キウイフルーツ、マンゴー、ライムをミックス。これに難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)、オリゴ糖、ビタミンC、フィッシュコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸、ローヤルゼリー、抹茶粉末、ローズフレーバーなどがプラスされています。

原材料は100%国産。化学調味料、合成保存料、合成着色料などは使用されていません。大麦若葉以外は農薬完全不使用ではありませんが、200項目以上の残留農薬検査をパスしたものだけが使用されています。もちろん加工も国内。

抗酸化作用の高いビタミンCは1杯でレモン約2.4個分に相当する48.95mgを摂ることができます。大麦若葉の青汁は比較的ビタミンCの含有量が少ないため、成分をプラスすることでそれを補う形になっています。

■美力青汁beauty 1包5gあたりの栄養成分
エネルギー:17.77kcal
たんぱく質:0.25g
脂質 0.07g
糖質 3.62g
食物繊維 0.84g
ナトリウム 0.16mg
ビタミンC 48.95mg

美力青汁beautyの主原料「大麦若葉」

美力青汁beautyの主原料は国産の大麦若葉。スーパーなどではまず見かけることのない食材、大麦若葉とはどんなものなのでしょうか?

大麦若葉とは大麦の葉をまだ育ちきらないうちに刈り取ったもの。実が成るころになれば失われてしまう栄養がこの時期の大麦には凝縮されていることから、青汁の材料として注目されるようになりました。

青汁の原材料というと以前は栄養価が非常に高いケールを指すことがほとんどだったのですが、ケールを使用するとどうしても飲みにくくなる欠点がありました。その点、大麦若葉にはケールに勝るとも劣らない栄養価の高さとほんのり香ばしい味を持つという特徴があり、最近ではケール以上に大麦若葉を使用している青汁が多くなっています。

栄養面での大麦若葉の特徴は、β-カロテンやビタミンEといった抗酸化作用を持つ成分を多く含んでいること。同じく高い抗酸化作用を誇るSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)も含まれ、体の老化や高血圧、糖尿病、コレステロール異常、癌などの対策に効果を発揮するとして注目されています。

鉄分やクロロフィル(葉緑素)を豊富に含むことから貧血防止にも効果的。豊かな食物繊維も含まれ、便秘解消やデトックス、ダイエット効果も期待することができます。

美力青汁beautyを他の青汁と比較してみました

美力青汁beautyをやずやの養生青汁、やまだの青汁30と様々な視点から比べてみました。

原材料と成分を比較

【美力青汁beauty】
無農薬の大麦若葉を主原料にかぼちゃ、ほうれん草など6種の野菜とオレンジ、レモンなど8種の果物、抹茶粉末、ビタミンC、ヒアルロン酸、ローヤルゼリー、フィッシュコラーゲン、セラミド配合。原材料はすべて国産。難消化性デキストリン、デキストリン、オリゴ糖、香料使用。化学調味料、合成保存料、合成着色料不使用。

【やずや養生青汁】
農薬、化学肥料不使用で育てられた大分産の六条大麦若葉を主原料に、デキストリンとハトムギエキスを配合。

【やまだの青汁30】
無農薬で育てられたオーストラリア産の大麦若葉を主原料に、国産のよもぎ、抹茶を配合。馬鈴薯デンプン、乳糖、還元麦芽糖を使用。

この3商品はいずれも大麦若葉をメインの材料として使用していますが、美力青汁beautyの配合成分の豪華さが目を引きます。シンプルな青汁を好む方は養生青汁を、美容成分をしっかり摂りたい方は美力青汁を選ぶといいでしょう。

味で比較

やずやの養生青汁とやまだの青汁30にはほんのり甘みがあり、いかにも大麦若葉の青汁といった味わいがあります。それに対して美力青汁は酸味があり、ビタミンC配合の影響を強く感じます。いずれもサラッとしたあっさりタイプの青汁ですが、筆者の好みから言えばやまだの青汁30が最もクセがなく飲みやすいと感じました。

1日あたりの価格で比較

3商品の1日あたりのコストを税抜き、送料別で計算してみました。通常購入した価格を左側に、定期コースやまとめ買いを利用した場合の最安値を右側に掲載しています。やずやの養生青汁はメーカーが勧める通りに2袋を1日分として計算しています。

美力青汁beauty…200円/174.6円
やずやの養生青汁…200円/170円
やまだの青汁30…82.7円/70.3円

図らずも美力青汁と養生青汁は同じ価格帯になりました。この2つに比べると大麦若葉にオーストラリア産を使っているやまだの青汁30は非常にお求めやすい価格になっています。コストが高くなってもオール国産を選ぶのか、安い外国産を選ぶのかは考えどころになりそうです。

お試しセットから始めると安心!

価格的に最もお安くなるのは1年で実質23,144円分お得になる定期コースですが、3回めまでは解約できません。なので定期はちょっと……という場合には、15%引きになる3個(3ヶ月分)まとめ買いをおすすめします。3ヶ月分といえばそろそろお肌の調子になんらかの変化を実感するころ。そこで見極めてから定期に切り替えるのもひとつの方法です。

ちなみに今回筆者は7日分のお試しセットを購入しました。こちらは送料無料なので、絶対に失敗したくない方は、まずはこれから始めてみるといいのではないでしょうか。

中河環

このページの先頭へ