日田天領水の里「里の青汁」口コミ・評価

日田天領水の里「里の青汁」レビュー
大人にとっても子どもにとってもお腹の健康は大切。毎日無理なく飲めて安全性が高く、腸内環境をしっかり改善してくれる青汁があれば嬉しいですね。これらの点をすべてクリアしていると口コミで非常に評価の高い青汁を見つけたので、試してみることにしました。

その青汁とは日田天領水の里から販売されている「里の青汁」。早速公式サイトから申し込み、実際に飲んでみてレポートすることにします!

里の青汁に期待できる効果は?

里の青汁の最大の特長は、ビフィズス菌BB536が1杯あたり50億個含まれていることです。
ビフィズス菌というとそれだけでなんとなくお腹に良いイメージがありますが、BB536はビフィズス菌の中でも特にすぐれた特長を持っています。

ビフィズス菌BB536は1969年に森永乳業によって発見された菌です。発見されたのは健康な乳児から。ビフィズス菌はこれまで約30種類見つかっていますが、人の腸の中に存在するのは10種類程度で、その残りの約20種類は別の動物のお腹に棲んでいます。

現在多くの製品にビフィズス菌が配合されていますが、実は20種類のほうに分類されるビフィズス菌が使われているものは少なくありません。それらも全く効果がないわけではありませんが、人間のお腹の中で効果的に、しかも安全に働くものを選ぶなら、やはり人のお腹にもともと棲んでいるビフィズス菌を選ぶのが当然だといえるでしょう。

生きて腸まで届くBB536

ビフィズス菌BB536がすぐれているのはそれだけではありません。多くのビフィズス菌は熱や酸に弱いため、せっかく摂取しても肝心の腸の中では十分な働きが期待できません。しかし、ビフィズス菌BB536は熱や酸に強く、
生きたままで腸に届く特性があります。

この特性を活かし、現在ビフィズス菌BB536は世界30カ国以上で食品や粉ミルク、サプリメントに配合されています。つまりビフィズス菌BB536は、あらゆる面で選りすぐりのビフィズス菌なんですね。

ビフィズス菌BB536にはどんな効能があるの?

ビフィズス菌BB536のよく知られる作用は腸内環境を整えて便秘を解消するというもの。でもこのほかにも人に対する働きは数多く存在しています。たとえば、

・免疫力を高め、花粉症の症状を緩和する
・インフルエンザの発症を予防する
・O-157の感染を予防する
・大腸ガンの原因となる悪玉菌ETBFを除菌する

などの効果については注目度が高く、現在でも盛んに研究が進められています。

里の青汁の成分、原材料は?

里の青汁にはすいおう(翠王)の若葉、ケール、ゴーヤ、抹茶、桑の葉が使用されています。これらは全て国内にて有機栽培されたものが使用されています。

すいおうというのは甘藷(かんしょ=さつまいも)の葉や茎がおいしく食べられるようにと新しく開発された話題の健康野菜。緑の王様の意味を込めて翠王と名づけられたのだそうです。
非常に栄養価が高く、ビタミンB1やE、K、β-カロテンをはじめとしたビタミン類、カルシウム、マグネシウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。さらにブロッコリーの4倍のポリフェノールと、ほうれん草の5倍のルテインが含まれているのは魅力。抗酸化作用のほか、目の健康にも役立つことが期待できます。

ケールは青汁でお馴染みの野菜の王様。こちらもビタミンやミネラルが豊富で、葉物野菜の中では最も多いビタミンCの含有量を誇っています。特徴的な成分は解毒作用が高く胃腸に棲み着くピロリ菌を撃退する効果でも注目されているスルフォラファンや、睡眠リズムを整えるメラトニンなど。強力な抗酸化作用を持つ成分がたくさん含まれていることから、動脈硬化を防いで生活習慣病に罹りにくくする働きやアンチエイジング効果にも注目が集まっています。

ゴーヤはご存知、夏場に大活躍してくれるスタミナ野菜。血液をサラサラにする効果や美肌作用、デトックス効果などが期待できます。

桑の葉には豊富な食物繊維と、生活習慣病対策に効果を発揮するDNJ(1-デオキシノジリマイシン)、Q3MG(クエルセチンマロニルグルコシド)といった非常に特徴的な成分が含まれています。DNJとQ3MGはいずれも血糖値の上昇や悪玉コレステロール値の異常に働きかける成分。食前に摂取することでダイエットにも効果的に働くことがわかっています。

抹茶にはアンチエイジング作用や美肌作用をもたらすビタミンCが豊富に含まれています。リラックス効果やダイエット効果にすぐれることで国内外で注目されるカテキンやタンニン、サポニンなども含まれています。

里の青汁にはこれらの素材のほか、オリゴ糖や難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)も配合されていることから、便秘の解消や腸内環境の改善には特に大きな効果が期待できるといえるでしょう。

<里の青汁 1袋3gあたりの栄養成分>
エネルギー 9.6kcal
たんぱく質 0.2g
脂質 0.0g
糖質 1.8g
食物繊維 0.8g
ナトリウム 0.4mg

里の青汁の口コミを調べてみました

・サラッと溶けて口当たりがいい。飲みやすい青汁です。
・やさしい甘さがあり、ゴクゴク飲めます。おいしいです。
・抹茶や緑茶に似た味わいなのですが、苦くなくて飲みやすいです。
・飲み始めてから便秘が解消しました。
・国産の有機栽培の野菜で作られていて安心。

プラス評価の口コミばかりで、筆者が調べた範囲内では不満のある口コミは見つけることができませんでした。
これらの口コミは果たして本当なのでしょうか? 早速注文してみます。

里の青汁を飲んでみました

この青汁の通販はちょっと変わったシステムになっています。他の青汁のように申し込んで最短日に届くのではなく、注文する側でお届け日を指定します。
里の青汁が到着
指定した日に間違いなく到着しました。

002satoaojiru
1箱だけの注文なので、ダンボールの中身はこのような状態になっています。

里の青汁に同梱されていたパンフレット
同梱されていたパンフレット等とともに並べてみました。

004satoaojiru
九州のメーカーとのことで、パッケージの表にはくまモンのキャラクターが描かれています。

箱の裏面には栄養表示
箱の裏面には栄養表示などがあります。作り方の説明などはというと……

006satoaojiru
蓋を開けた扉の部分に描かれていました。

青汁は一列に並んだ状態
青汁は一列に並んだ状態で入っています。

里の青汁の長方形の中袋
粉末青汁はスティック状のものが多いのですが、里の青汁はこんな長方形の中袋でした。
中を開けてみます。

里の青汁のパウダー
さらさらしたパウダー状です。香りは少なめ。ほんのり草のような匂いです。
では水に溶かして飲んでみることにしましょう。

里の青汁を水に溶かして

1袋を100mlの水に溶かします。冷水に入れてスプーンでかき混ぜましたが、とても溶けやすいです。

里の青汁を水に溶かして
飲んでみると、すごくさっぱりした味ですね。クセがなくさらっとしていて飲みやすいです。ケールが入っていますが、苦味や青臭さは全く感じませんでした。

ただ、青汁らしい青汁が好きな家族からは「もう少し水を少なくして濃い目に作ったほうがおいしいんじゃないか」との意見が出ました。

里の青汁をフルーツ豆乳に溶かして

今回はちょうど自宅にあったフルーツミックス味の豆乳に溶かしてみました。
里の青汁をフルーツ豆乳に溶かして
おいしい……のですが、完全に豆乳の味が勝っていて、青汁の味はほとんど感じられません。水で溶かしたときにも薄味だと思ったので想像していたとおりでした。これだと牛乳に溶かしてもジュースに溶かしても全く問題なく飲めるのではないでしょうか。

青汁そのものの味を楽しみたい方にはちょっと物足らないかもしれませんが、溶かすものの味を邪魔しないので、どんな飲み方でもおいしく作れそう。小さなお子さんでも飲みやすい青汁だと思います。

里の青汁を他の青汁と比較してみました

今回はメイン素材がケールでも大麦若葉でもないという共通点を持つ青汁として、里の青汁とふるさと青汁、神仙桑抹茶ゴールドの3つを比べてみました。

原材料・成分で比較

【里の青汁】甘藷(すいおう)若葉、ケール、ゴーヤ、抹茶、桑の葉(+難消化性デキストリン、デキストリン、還元麦芽糖、ビフィズス菌、ガラクトオリゴ糖)。主原材料は全て国内産の有機栽培。

【ふるさと青汁】明日葉、大麦若葉、桑の葉。全て国産で、農薬・化学肥料不使用、添加物なし。

【神仙桑抹茶ゴールド】神仙桑、シモン、緑茶。中国浙江省の自社茶園産。農薬不使用、添加物なし。

この3つの青汁には農薬を使用していないこと、桑の葉が入っていることの2つの共通点がありました。違う点は、里の青汁にはデキストリンなどの安全性は高いけれど野菜以外のものが入っていること。そして神仙桑抹茶ゴールドの原材料に中国産のものがあること。
自社茶園での栽培かつ無農薬なので単に中国産のものを輸入して使用しているのとは違いますが、気になる方もいらっしゃるかもしれません。

ちなみにシモンはブラジル原産の芋の一種。食物繊維が豊富に含まれているそうです。里の青汁で使用されているすいおうも芋類なので、この点も面白い共通点だと言えそうですね。

味を比較

どれもさっぱりとした味わいで、従来の「苦い・まずい」のイメージとは異なるタイプの青汁です。
里の青汁は薄味で苦味は全くありません。アレンジも利きやすい青汁です。

ふるさと青汁にはほのかな苦味があり、大人向けの味だと感じました。牛乳にまぜると抹茶ミルク風味になりぐっと飲みやすくなります。

神仙桑抹茶ゴールドはお茶そのものの味わい。お湯に溶かす飲み方など、他の2つとは一線を画した味に仕上がっていました。

1日あたりの価格を比較

青汁を続けていくうえでコストは非常に重要なポイントになります。そこで、それぞれの商品の1日あたりの価格を計算してみました。いずれも消費税なし、送料別の価格になります。左側の数字は通常購入した場合、右側の数字はまとめ買いや定期コースの利用などによる最安値です。神仙桑抹茶ゴールドのみ1日2~3袋飲むことを勧められているため、1日2袋飲むことを想定して計算しています。

里の青汁…106.7円/90.6円
ふるさと青汁…126.7円/114円
神仙桑抹茶ゴールド…189.8円/160円

比べてみると神仙桑抹茶ゴールドはお値段の高さが気になります。里の青汁は定期購入はもちろんのこと、単品購入でも100円ちょっとと、かなりお求めやすい価格になっています。

定期コースならぐっとお得な里の青汁

定期コースのある商品は少なくありませんが、里の青汁を販売している日田天領水の里の定期コースには嫌な回数縛りがありません。お届けサイクルの変更やお届け日の延期、ストップは、予定日の1周間前までに連絡すれば自由なので、気軽に申し込むことができます。

日田天領水の里といえば、何といってもミネラルウォーターが有名。おいしい日田天領水に青汁を溶かして味わってみるのも、また乙なものなのではないでしょうか。

中河環

このページの先頭へ