HADARIKI酵素青汁 108種類の発酵エキスと青汁のコラボの味は?

HADARIKI酵素青汁を飲んでみた
健康だけでなく美容面でも評価の高い酵素と青汁が同時に取れることが可能になる。それがHADARIKI株式会社の「酵素青汁」です。108種類の野菜や果物を発酵させたエキスを、大麦若葉の青汁に配合しています。
飲みやすいという点も大きな魅力の酵素青汁を実際に買って、飲んでみました。

HADARIKI酵素青汁の原材料と成分

原材料

HADARIKI酵素青汁の原材料
大麦若葉を主原料とした青汁です。
他にもゴーヤ、ケールなどの緑黄色野菜も成分として含まれています。
酵素青汁は多くの発酵食品を含んでいるのも大きな特徴です。
詳細は画像をご覧下さい。
005kosoaojirujiru
総勢108種類ということです。普段から身近にある食材から、見た事もない食材まで多種多様です。
アガリクスなど漢方などでも使われるような効果な食材も全て、発酵したエキスとして入っています。
ゆり根は私もよく買います。春などの気候や身体に変化がある時食べると良いんですよ。

成分

HADARIKI酵素青汁の成分
100gあたりの表記でしたので、1袋(3g)で計算をし直してみました。

▼1袋あたりの摂取成分

エネルギー 11.19kcal
たんぱく質 0.384g
脂質 0.102g
炭水化物 2.187g
ナトリウム 6.63mg

▼1日(目安として3袋)あたりの摂取成分

エネルギー 33.57kcal
たんぱく質 1.152g
脂質 0.306g
炭水化物 6.561g
ナトリウム 19.89mg

HADARIKI酵素青汁を飲むとこんな効果を期待できます

今更ですが酵素って何でしょうか?はっきりと判っていなかったので、調べてみました。

酵素とは

酵素は主に生の食べ物や発酵食品に多く存在しています。
昔から日本で馴染み深い味噌や納豆、漬物などは酵素を多く含んでいます。
酵素は大きく分けて3つの種類に分けられます。

消化酵素の効果

文字通り消化を助ける酵素です。食べ物の栄養分を分解して吸収することを目的として働きます。
唾液に含まれているアミラーゼはでんぷんを分解する消化酵素です。

代謝酵素の効果

吸収された栄養を更に細胞に届ける仕事をしています。
毒素の部分は尿などによって排泄するように促します。
また、免疫力も高めてくれる効果もあります。

食物酵素の効果

この酵素だけは体内でつくることが出来ません。
積極的に発酵食品や生野菜から摂るように心がけましょう。
食物酵素は体内にいる消化酵素や代謝酵素をサポートしてくれます。
簡単に言いますと、酵素はビタミンやミネラルにくっついて働くのが一番良いので、野菜や果物を多く食べると酵素の働きは最大限に引き出されることが可能というわけです。

酵素はわかっているだけでも約5,000種類存在していて1種類の酵素は1つの働き方しか出来ないので多くの酵素を取るということは取った量の分の働きを体内に取り入れるということになります。
多くの食品を食べることは身体に良いのだという理由がこれで判りました。

大麦若葉の効果

大麦若葉にも酵素が含まれています。SOD酵素といってこれは身体の免疫力をアップする働きをします。
抗酸化作用にも優れていて、身体を細胞単位から生き生きとさせてくれるのです。

こんなに身体に良い事尽くめの酵素青汁、是非とも飲まなければ損ですね!

レビュー!HADARIKI酵素青汁を購入しました!

HADARIKI酵素青汁を購入しました
近所のドラッグストアで購入。598円とはかなりお安いです。1袋24円もしません。
1日3袋飲んでも72円でお釣りがきます。
006kosoaojirujiru
1袋ずつではなく、繋がっているようです。
007kosoaojirujiru
5袋、10袋×2連で入っていました。
すぐに飲みたいときや携帯用で持ち歩く場合、不便ですので予め切っておくことにします。
008kosoaojirujiru
ハサミを使っても良いですが、切り取り線はあるので手でも簡単に切れました。
袋はアルミパウチです。

飲む時にこの袋を手で切るのが一苦労します。
切れ目は入っていますが、アルミがびよ~んっと切るときに伸びてしまうのです。

開封は何とか出来るのですが、ちょっとイラ立ってしまいました。
これを避けるには飲むたびにハサミを使ったほうが良さそうです。

酵素青汁を飲んでみます

粉の状態

酵素青汁の粉の状態
香りはさほど強く感じません。ほぼ無臭に近いです。
舐めてみると「甘い!!」と思わず声が出ました。
このままお菓子と一緒に焼いたら砂糖は加減したほうがよいと思うくらい甘いです。
水で溶いたらどうなるのか、ワクワクです。

水で溶いてみた

酵素青汁を水で溶いてみた
粉のままの状態と同様、やはり香りは強くなく、無臭に近いです。
非常に溶けやすい青汁です。
飲んでみるとすっごく甘いです!粉の時より口の中に量が流れてくるので甘すぎるかなと思うくらい。
我が家の甘党に飲んでもらいましたら、「うん、まずまずの甘さだね」というあっさりしたコメントが返ってきました。甘党にはちょうど良いようです。
ブラックコーヒーに砂糖を入れすぎたというような甘さです。わずかにコクを感じます。発酵エキスの中にあるゴマや豆類の味なのでしょうか。

牛乳で溶かしてみた

今度は牛乳で溶かしてみましょう。
酵素青汁を牛乳で溶かしてみた
我が家の甘党にも再び試飲してもらいました。「これは合うね!うん、イケるイケる」と気分上々でした。私も飲んでみました。コンビニで売っている麦芽飲料に似た甘さだと思いました。
012kosoaojirujiru
伊藤園毎日1杯の青汁紙パックタイプの青汁も甘かったですが、それと同じくらいの甘さです。
青汁が苦いから飲めない、子どもが苦いから嫌がるなどの場合は、酵素青汁の味は優しい味なのでオススメです。
牛乳で溶かしてもやはりコクをしっかりと感じました。このコクはかなりクセになります。

酵素が入った青汁は他にもあります

身体に優れた働きをしてくれる酵素の入った青汁は他のメーカーでも製造されています。

★酵素青汁111選セサミンプラス(株式会社ミーロード)
アフリカの奇跡の木「モリンガ」を主成分とした青汁です。ビタミンやミネラルが非常に多く含んでいる栄養たっぷりの成分が満載です。こちらは粒タイプとなります。

★厳選素材 酵素青汁(株式会社HIKARI)
大麦若葉を主原料とし、他にも野菜酵素を75種類配合された青汁です。

★植物酵素青汁(井藤漢方製薬株式会社)
大麦若葉を主原料とし、他にも87種類の植物酵素を使用しています。

身体が生きていくのに必要な酵素。「食べる」ということは、ただ美味しいからとか、好物だからだけではなく身体が栄養を必要としているからなのだということを改めて知ることが出来ました。ただ、どうしても毎日しっかりと栄養面を重視した食事を3食取ることは難しいです。

ただ美味しいから食べたい日もあるだろうし、忙しくて栄養面を考える余裕のない時もあると思います。そのような時には酵素青汁で上手に身体の事も考えてあげられそうです。

若山あお

このページの先頭へ