大正製薬「リビタ大麦若葉青汁」 胡麻風味の青汁の効果は?

大正製薬「リビタ大麦若葉青汁」 胡麻風味の青汁の効果は?
大正製薬の「リビタ大麦若葉青汁」は、健康志向の方のために作られた青汁です。
九州地方の契約農場にて農薬を使わず栽培したこだわりの有機大麦若葉に、水溶性食物繊維、カルシウム、オリゴ糖、セサミ(黒ごま)を加え、食物繊維やカルシウムも沢山含んでいる栄養バランスが整ったものとなっています。
リビタ大麦若葉青汁は、野菜が不足しがちな方、食生活が不規則な方におすすめです。

収穫後すぐに乾燥し、まるごと「超微粉砕」する製法なので、粉っぽさが無く、スッキリとした味わいをウリにしています。

今回は、大正製薬「リビタ大麦若葉青汁」を実際に飲んだ感想・レビューと併せてこの青汁に期待できる効果、口コミの検証、成分、原料などの解説をしていきます。

リビタ大麦若葉青汁の原材料・成分

原材料
・有機大麦若葉
・水溶性食物繊維
・還元麦芽糖
・オリゴ糖
・黒ごま末
・サンゴカルシウム

リビタ大麦若葉青汁の栄養成分(1袋/3g当たり)
・カロリー 3.02kcal
・たんぱく質 0.014~0.121g
・脂質 0.018~0.043g
・糖質 0.519g
・食物繊維 0.279g
・ナトリウム 0.198~1.249mg
・β-カロテン 2.06~118.43μg
・カリウム 3.07~11.11mg
・カルシウム 33.53mg
・鉄 0.002~0.286mg
・マグネシウム 1.50~3.68mg
・オリゴ糖 0.03g

有機大麦若葉の「有機」とは植え付けの2年以上前から農薬や化学肥料を使わない状態の畑で栽培された食物に認可されるとつけられる名称です。
リビタ大麦若葉青汁の場合、有機の範囲内で使用が認められている農薬さえも使用していないということです。

リビタ大麦若葉青汁の口コミ

リビタの大麦若葉青汁は幅広い世代に知られているようです。口コミを探してみると沢山見つかりました。

良い評価の口コミ

・ドラッグストアで手ごろな価格なので買ってみました。飲み始めてからお腹の調子が良くなりました。ヨーグルトより効き目有りです。
・便秘も解消され、野菜不足も補えるし、飲みやすいのでリピしています。
・ほかの青汁より、私にはこれが合っているようです。豆乳で割ると美味しいです。肌荒れもしなくなりました。
・美味しいです!はちみつとしょうがを入れてホットで飲むと身体も温まります。
・味もクセが強くなく、溶けやすいので継続して続けられます。
・甘みがあって飲みやすいです。抹茶は入っていないのですが抹茶ドリンクのような味です。牛乳に入れて飲んでます。

悪い評価の口コミ

・薄味なのでイマイチ効き目があるのか不安です。
・味は今ひとつのようです。
・リピはしてますがちょっと高いので外出の際に飲んでます。
・もう少し渋味のあるほうが私は好きなので、少し物足りないです。

初めて青汁を飲もうという方には苦味や渋味を抑えた味に仕上がっているようです。
もともと大麦若葉は、青汁の代表的な原料であるケールや明日葉と比較しても飲みやすいと好評です。逆に「苦味が強いから青汁だ」という感覚を持てる人には物足りないのかもしれません。

レビュー!大正製薬「リビタ大麦若葉青汁」を検証してみます

今回は楽天市場の「楽天24」にて税込1,569円で購入しました。
レビュー!大正製薬「リビタ大麦若葉青汁」を検証
003tasyoripita
004tasyoripita

この青汁を実際に飲んでみます

基本の飲み方は100mlくらいの水、又はお湯などに溶かします。好みにより牛乳やジュース、豆乳でもおいしく頂けるということです。1日1~2袋を目安にしましょう。

粉の状態で味を確かめてみます

リビタ大麦若葉青汁を粉の状態で味を確かめてみます
<見た目>
抹茶の優しいグリーンです。その中にプツプツと白い粒が混じっています。

<香り>
やや甘みを感じます。抹茶の香りに近いイメージで、おそらく大麦若葉の葉の香りです。

<味>
舐めてみると粉っぽさはありますが、口の中ですぐに溶けました。
特に強い甘さや苦味は無いです。

水に溶かして飲んでみました

<溶けやすさ>
100ccの水に溶かしてみましたが、とても簡単に溶けました。水になかなか溶けないとイライラしてしまいますが、この青汁ではその様なことはありませんでした。
リビタ大麦若葉青汁を水に溶かして飲んでみました
<見た目>
鮮やかなグリーンになりました。5月の新緑を思い出させるような明るい色です。

<香り>
セサミが入っているということで、ゴマっぽい香りがします。
ゴマは大好きなので味にも期待がかかります!

<味>
思ったよりゴマの味は感じませんが、飲むと改めてゴマの香ばしさがわかります。
苦味も甘みも強くなく、口コミであったように味は薄い仕上がりです。

牛乳に溶かして飲んでみました

リビタ大麦若葉青汁を牛乳に溶かして飲んでみました
<見た目>
抹茶ミルクの色になりました。ちょっと粒が細かく残ってしまいます。

<香り>
水で溶かした時と同様にゴマの香りがします。
牛乳の甘い香りも重なりますが、お互い邪魔をせずにいい感じです。

<味>
抹茶ミルクそのもののような仕上がりです。水で溶かしたときは薄味で物足りなさを感じましたが、牛乳のコクが入ったことにより薄味にならず、程よく甘いドリンクになりました。

リビタ大麦若葉青汁を飲んでみた感想

リビタの大麦若葉青汁は牛乳との相性はバッチリだと思いました。
青汁デビューを考えている方には、カルシウムも取れ、美味しく、比較的溶けやすい青汁ですので、牛乳割りで飲み始めることをおすすめします。
また、溶かした後、沈殿しないので、食事をしながらゆっくりとお茶代わりに飲んでいくこともできました。

リビタ大麦若葉青汁を飲むとこんな効果を期待できる

大麦若葉の効果

大麦若葉はまだ穂をつける前の若い大麦の葉です。大麦は葉をつけ始めた頃に数回麦踏みをすることで、より強い生命力とともに再び成長していきます。生命力が強いということはそれだけ栄養素も多いということです。
従来は大麦の穂の方が珍重されていましたが、近年、青汁という新たな素材として栄養たっぷりの葉の部分も注目されるようになりました。

サンゴカルシウムの効果

サンゴカルシウムは、人間のカルシウム不足を補うものとして近年注目をされている天然のカルシウムです。
カルシウムはもちろん、マグネシウムなどのミネラルも豊富です。
珊瑚は海中で育つ生き物です。サンゴカルシウムはその珊瑚が長い年月をかけて化石化したものなので「化石サンゴ」とも言われていて、珊瑚礁が成長段階で化石化したものです。

食材として化石サンゴを摂取することは難しいです。しかし過剰摂取による結石などの心配が無く、不要な量を体内に蓄積されません。なので安心して摂取できる原料といえるでしょう。

オリゴ糖の効果

腸内ビフィズス菌増殖促進因子のことです。
ビフィズス菌のえさとなり、腸内環境を改善してくれる作用を持つ少糖類です。
よくオリゴ糖はゆるやかに便秘解消を促してくれるので赤ちゃんや幼児にも与えている方も多いのでないでしょうか。
オリゴ糖は、母乳にも含まれているということですので、栄養面も充分期待できるといえるでしょう。

黒ごまの効果

黒ごま・白ごま・金ごまとごまには3つの種類がありますが、栄養価としては大差ありません。
黒ごまは香りが強く、白ごまはごま油として使用されることが多いです。
ミネラルを豊富に含み、特に黒ごまにはポリフェノールを含んでいるのでアンチエイジングでも効果を期待できます。

リビタ大麦若葉青汁はあくまでも日々の栄養補助食品として、野菜が不足しているなと感じた時に、食物繊維を補う意味で飲んでいくことが、一番続けていけるような気がします。
九州産を原料としている安心感、そして大正製薬というブランドで税込み2,000円を切る値段はコストパフォーマンスにも優れていると思いました。

若山あお

このページの先頭へ