ヨネキチ よもぎ青汁の味や効果は?飲んでみた

ヨネキチ よもぎ青汁の味や効果は?飲んでみた
ラジオのパーソナリティでナチュラリストでもある河村通夫さんが考案された「ヨネキチよもぎ青汁」は自然派100%の青汁です。青汁の原料大麦若葉によもぎを含むという類を見ない組み合わせと大人っぽい渋めのデザインの外箱に心惹かれました。実際の味や香り、気になる効果を試してみます!

ヨネキチよもぎ青汁の原材料・栄養成分

ヨネキチよもぎ青汁の原材料・栄養成分

原材料

・大麦若葉末
・還元麦芽糖
・よもぎ末
・キダチアロエ末
・難消化性デキストリン
・プルラン

還元麦芽糖

糖アルコールの一種で、カロリーは砂糖の約半分。
少しだけカロリーのある糖分ということで腹持ちを感じる効果を期待できます。

難消化性デキストリン

主にダイエット目的の為に最近はよく使われることが多いです。
トクホに認定されている成分でもあり、便通改善の効果があります。

プルラン

増粘剤の事です。多糖類の一種でいくつかの成分をまとめるときに使われます。
毒性は認められていないので安全性は高いです。

栄養成分(1袋3gあたり)

・エネルギー 3.9kcal
・たんぱく質 0.113g
・脂質 0.28g
・糖質 0.798g
・ナトリウム 0.36mg
・食物繊維0.273g
・灰分 0.043g
・リン2.03mg
・鉄 0.11mg
・カルシウム 419mg
・マグネシウム1.05mg
・ビタミンA 8.92μg
・β-カロチン 107μg
・ビタミンC 0.14mg
・ビタミンE 0.068mg

3gで1袋、これを1日1~2袋飲むのをおすすめしているので摂取カロリーは約4kcal~8 kcalと低く抑えることができます。
また、食物繊維はもちろん、鉄分やカルシウム、マグネシウムも取れるバランスの良い青汁といえるでしょう。

ヨネキチよもぎ青汁の口コミ

ヨネキチよもぎ青汁の口コミを集計してまとめてみましたのでご覧ください。

・よもぎの香りがしますので、よもぎモチにしてみました。
・とても飲みやすく、これだったら続けて飲めそうです。
・パンを作るときに練りこんでます。よもぎの風味があってとても美味しく出来上がります。
・国産の原料を使っているので安心感があります。これを使ってヨモギパンを作りました。
・友達にモチにして上げたら大変喜んでくれました。

基本的な飲み方である水に溶かして飲んでいる人の口コミが少なかったです。
よもぎの風味が強くしっかりしているのでそれを活かしたい気持ちの表れでしょうか。
私もヨモギパンで食べてみたくなりました。

ヨネキチよもぎ青汁のレビュー

ヨネキチよもぎ青汁のレビュー
今回は楽天にて購入しました。
30袋入りで税込 2,478 円に、送料まで含まれているのでリーズナブルです。

よもぎ青汁を開封してみました

よもぎ青汁を開封
開けた途端に緑の紙がすぐ目に付くところに入ってました。
よもぎ青汁の考案者河村通夫さんからのメッセージ
考案者の河村通夫さんからのメッセージでした。
河村さんは漢方の理念から健康維持のための一つの手段として葉緑素が大事であること、そしてその葉緑素をはじめ沢山の身体に良いものを含んだヨモギについてもここで説明していました。
005yoneyomogi
緑の紙の下には青汁がきれいに並んで長方形のアルミパウチに個包装されています。
よもぎ青汁のアルミパウチ個包装

よもぎ青汁の粉の状態

よもぎ青汁の粉の状態
<見た目と香り>
サラサラとしていて、手につけてもベトつくことが無いです。
粒は一般的な青汁と同じような大きさで、ふわふわと細かいこともないのでアルミパウチを開封しても粉が舞い上がってしまうこともありません。パウチの中でも静電気でくっついてしまうことも無いので出し易いです。
よもぎの香りがもっと広がるかと思いましたが、思ったより強くはありません。

<味>
舐めてみました。甘くて美味しいです。
特によもぎの草の味はなく、抹茶か緑茶のような爽やかさを感じました。

よもぎ青汁を水に溶かして飲んでみました

<溶けやすさ>
よもぎ青汁の溶けやすさ
良く溶ける青汁です。この写真は粉末をグラスに入れて100ccの水を入れたのですが、入れた途端に溶けだすくらいです。
013yoneyomogi
多少は溶け切れず残ってしまいましたが、バターナイフで混ぜるとすぐに溶けました。

<見た目と香り>
008yoneyomogi
溶かすと濃い緑になりました。まさによもぎの深い緑の葉を連想させる色です。
そして粉の時には判りにくかったよもぎのいい香りがグラスからあふれてきました。

<味>
グラスに顔を近づけただけでも充分よもぎの香りを味わえますが、飲むと更に独特のかぐわしさが喉の奥まで広がります。
それに重なるように抹茶の清々しい味も楽しめます。
ヨネキチよもぎ青汁は外箱だけでなく中身も十分「大人」な青汁でした。

ヨネキチよもぎ青汁でよもぎパンを作ってみました

自宅にあるホームベーカリーを利用して、口コミで多かったよもぎパンを作ってみました。
通常のパンを作る分量にヨネキチよもぎ青汁を1袋入れて食パンモードで作りました。
ヨネキチよもぎ青汁でよもぎパンを作ってみました
<見た目と香り>
パンを焼いているときは香ばしさのみ部屋に広がって、よもぎの香りは無かったので不安でしたが、焼きあがったパンを切るとフワっとよもぎの香りが広がりました。
切った部分もほんのりと緑色に染まっていて見た目も新鮮で美味しそうです。試食が楽しみです。

<味>
このままでも充分美味しいのですが、オリーブオイルに塩コショウを少し混ぜたもので食べると更にコクを感じて美味さが増しました。よもぎ青汁入りのパンは口コミどおり大成功の味です。今度はホットケーキミックスに混ぜてパウンドケーキにしてみようと思います。
<br/> 

ヨネキチよもぎ青汁にはこんな効果を期待できる

農薬が入っていないのがウリのヨネキチよもぎ青汁。
農薬分析試験結果もしっかりと外箱に記載されています。

すべて検出せずという結果は何よりも安心感があります。

国産有機JAS大麦若葉の効果

島根県産の大麦若葉を使用しています。
国産有機とは日本国内で農薬などを行なわず、自然の摂理を生かした方法で栽培しているということです。
JASは日本農林規格(Japanese Agricultural Standard)の頭文字で、消費者が安心して食材や食品を購入する手段の目安になるように品質の改善や生産、消費の合理化などを目的にされた規格のことです。
つまりヨネキチよもぎ青汁の大麦若葉は「農薬などを使わず、国内の規格に沿った良質な大麦若葉を使っている」ということになります。

国産よもぎの効果

よもぎに含まれている栄養は本当にすごいです。
まず、血液浄化作用、止血作用に効果があり、食物繊維が一般的な葉物野菜よりとても多く、便秘解消に一役買ってくれます。便通改善ということは、肌のコンディションも整いますし、腸内環境もよくなり新陳代謝も促進されます。

また、野草ですので生命力も非常に高いです。
古来から日本にはよもぎを食する習慣がありました。
冬から春に渡り、体調管理が難しい時期には古人の智恵にあやかり積極的に摂りたい野菜です。

お茶として飲んでもよし、食してもよしのマルチな野菜で毎日摂っても身体に悪影響の無い【万能】な野草です。
若葉の香りは独特で、非常に香ばしいので草もちなどにも使われている食材です。
ヨネキチよもぎ青汁のよもぎは徳島県産の自生されたよもぎを使用しています。

国産キダチアロエの効果

静岡県産のキダチアロエを使用しています。
日本では比較的に育てやすいキダチアロエですが、その効果は火傷に塗る、便秘解消を緩やかにする、アロエに含まれるアロインという物質が胃腸の健康を促していく、といったまさに「医者要らず」という言葉がピッタリです。

胃腸が健康になっているということは、免疫力が上がっていることにも繋がります。すなわち風邪などの予防効果も期待されるのです。こちらもよもぎと並んで万能な薬といえるでしょう。

ヨネキチよもぎ青汁は、以上のように、こだわった素材を使っているので、こうして調べていくと考案者の河村さんや製造しているヨネキチさんの気持ちがヒシヒシと伝わってきました。

ヨネキチよもぎ青汁はどこで手に入る?

ネットショップでは比較的に手に入りやすい商品です。
簡単に表にまとめてみました。

価格(税込み) 送料 定期購入
楽天市場 2,478円 無し 無し
アマゾン 2,400円 関東のみ無し 無し
ヤフーショッピング 2,345円 600円(地域による) 無し
ケンコーコム 3,139円 無し 有り(3,048円)

※2016年3月現在の情報

定期購入はケンコーコムだけでした。自動的に送ってくれるのは注文を忘れたりする際にはとても便利ですが、価格面で考えると楽天市場で購入するのが全国的に一番安いのではないでしょうか。
また、公式サイトでは販売はしませんでした。

アレンジも効いて、栄養もたっぷり。そのまま飲んでも美味しい純国産のヨネキチよもぎ青汁。
是非お試し下さい。

若山あお

このページの先頭へ