青汁は口内炎の改善にも効果があるの?

青汁は口内炎の改善にも効果があるの?
小さな口内炎でも、できてしまったらしばらくはとても痛い思いをします。ものを食べたり飲んだりしたらしみるし、場合によっては話をするのすら辛いことも……。そのままにしていてもしばらくすれば治ることがほとんどだとはいえ、一刻も早く治したいですね。それにもちろん、予防できるならそれに越したことはありません。

その口内炎、実は青汁でぐっと楽にできるかもしれませんよ。
なぜ青汁が口内炎に効果を発揮するのでしょうか。その答えは青汁に含まれている栄養成分の中にあります。

口内炎って、何?

口内炎とは唇の内側や歯茎、頬の内側など口の中の粘膜にできる炎症を総称したものです。口内炎は起こる原因や症状によって主に3つに分類されます。

1.カタル性口内炎

口内の粘膜が炎症を起こして赤く腫れ、粘液が滲み出るものをカタル性口内炎(単純性口内炎)といいます。広い範囲に炎症を起こし、腫れている部分と腫れのない部分の境界線がわかりにくいのが特徴。しみるように痛む場合もありますが、ほとんど痛みを伴わないこともあります。

カタル性口内炎の原因は合わない矯正器具や入れ歯による接触。このほか歯垢や虫歯、歯周病によるものや、頬の内側を噛んだり歯ブラシが当たったりすることでできた傷、熱い食べ物・飲み物による火傷などから発症するケース、疲労や風邪、胃腸炎などが原因で発症するケースなどがあります。

2.ウイルス性口内炎

ウイルスの感染によって起こるものをいいます。ヘルペスや帯状疱疹、手足口病による口内の水疱もこの仲間。はしか(麻疹)による口内の発疹もウイルス性口内炎の一種です。

3.アフタ性口内炎

口の粘膜にぷつんとできる白く小さな潰瘍、これがアフタ性口内炎です。普通口内炎というと、ほとんどがこのアフタ性口内炎を指します。大抵が5ミリ以下の小さな楕円形をしており、輪郭は赤みを伴ってはっきりしています。

痛みがあるのも特徴のひとつです。(アフタは潰瘍の一種なのですが、一般的には比較的小さなものをアフタ、大きくて病変の深いものを潰瘍と呼び分けています。)一度に複数個できることもよくあります。

アフタ性口内炎は唇や唇の内側、頬の内側、歯茎、舌など口内の粘膜のあらゆる場所にできる可能性があります。特別な治療をしなくても1~2週間で軽快しますが、再発することも珍しくありません。

アフタ性口内炎の原因は?

アフタ性口内炎の発症には細菌やウイルスが関係していると言われていますが、おおもとの原因としては次のようなものが考えられます。

・栄養不足
・生活リズムの乱れ、寝不足
・ストレス
・疲労などによる免疫力の低下
・口腔内の傷

口内炎の中で最も多くを占めるアフタ性口内炎ですが、カタル性口内炎やウイルス性口内炎と異なり原因がはっきりしないケースもあります。また発症のメカニズムも完全に解明されているわけではありません。

口内炎の改善に青汁がいい理由

偏食や過度のダイエットを続けていると栄養バランスが崩れ、アフタ性口内炎を発症しやすくなります。特に次に挙げる栄養素の不足は口内炎に大きく関係していることがわかっています。

・βカロテン(ビタミンA)
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンC
・鉄分

つまりこれらの栄養素を過不足なく摂取すると口内炎の予防や改善に効果的。そこで効果を発揮してくれるのが、ビタミンやミネラルたっぷりの青汁というわけです。

青汁には免疫力を高める成分や傷の治りを早める成分、さらには抗ストレス成分まで含まれています。まさに口内炎の改善にうってつけの飲み物だと言えるのです。

どんな青汁を選ぶと口内炎に効果的?

青汁の原材料といえばケールに大麦若葉、明日葉、桑の葉などが有名です。口内炎対策で青汁を飲むとしたら、これらの中からどんな材料を使った青汁を選んだらいいのでしょうか?

どの原材料も非常に栄養価が高いので間違いではありません。でもあえて選ぶとしたら、おすすめなのはケール、もしくは明日葉の青汁。それには次のような理由があります。

ケール

ケールの特徴は各栄養バランスがすぐれていること、そしてビタミンCが豊富に含まれていることです。例えば鉄分に関して言うと、他の原材料にも多く含まれているものはあるのですが、ビタミンCには鉄分の吸収を良くする働きがあるのです。これが口内炎対策にケールを推す最も大きな理由です。

またケールからはリブロース1,5-ビスリン酸カルボキシラーゼ/オキシゲナーゼ(RubisCO、ルビスコ)と呼ばれる免疫力の向上に関わる酵素を摂ることができます。抗酸化物質も多く含まれていることから、ストレスや疲労等から発生する活性酸素の除去からも口内炎の改善効果が期待できます。

明日葉

明日葉はケールに負けない栄養価の高さが魅力です。ビタミンCの含有量こそケールに優位性がありますが、βカロテンやビタミンB2はむしろ明日葉のほうに多く含まれています。

明日葉で注目したいのはカルコンとルテオリンという2つの抗酸化成分です。カルコンは明日葉に含まれる独自のポリフェノールで、胃の調子を整えて粘膜を修復する作用や抗炎症作用を持っています。ルテオリンには数多くの薬理作用があり、それらの中には抗炎症作用や免疫力を向上させる効果が含まれています。つまり、口内炎の予防にも、できてしまった口内炎の改善にも効果が期待できるわけです。

大麦若葉、桑の葉

口内炎対策にケールや明日葉の青汁をお勧めはしますが、かと言って大麦若葉や桑の葉に決して効果がないわけではありません。なぜならこれらには食物繊維が豊富に含まれており、免疫力に関わる腸内環境を改善する働きにすぐれているからです。

人間の免疫細胞の約6割は腸の中に存在しています。腸内環境を整えることで免疫力がアップし、口内炎をできにくくすることが可能なのです。

ケールや明日葉の青汁があまり好みではないなら、ぜひ大麦若葉や桑の葉の青汁を試してみてください。疲れると決まって口内炎ができる方、普段から便秘がちでよくにきびができる方、生活習慣が乱れがちな方は特に、大麦若葉や桑の葉の青汁でも十分に効果が期待できますよ。

口内炎のときのおすすめの青汁の飲み方

口内炎ができているときにはできるだけ刺激のないものに青汁を溶かすようにしましょう。一番のおすすめは牛乳。ビタミンB群やタンパク質が同時に摂れるので、症状の改善にも一役買ってくれます。

ヨーグルトに溶かすのもおすすめです。こちらからもビタミンB群やタンパク質が摂れますし、腸内環境を改善して免疫力を向上させるのにも効果的。飲んでも食べてもほとんどしみないので安心です。

口内炎の改善のためにはビタミンCを積極的に摂りたいもの。ビタミンCを摂取するといえば果物を思い浮かべますが、口内炎ができているときには酸っぱいものはしみてしまいます。痛みがないならフルーツジュースに混ぜて青汁を飲んでもいいですが、少しでも痛む場合には症状を悪化させないためにも控えた方が無難です。

青汁を飲むだけで口内炎対策になる?

口内炎の改善には口腔内の清潔が重要です。食事をした後の歯磨きはもちろん、青汁など飲み物を飲んだ後にもうがいをするようにしましょう。市販のうがい薬でもいいですし、塩水やお茶でのうがいも効果的です。

ただし、カタル性口内炎やウイルス性口内炎であれば、まずは発症の引き金となっている矯正器具や入れ歯、歯周病の改善や病気の治療をすることが先決。それなくしてはいくら青汁を飲んでも効果は期待できません。

また、あまり長く炎症が続く場合や炎症が広い範囲で起こっている場合、発熱など他の症状を伴っている場合には別の原因があることも考えられます。口内炎は歯科や口腔外科、皮膚科、内科、耳鼻咽喉科などで診てもらえますので、まずは診断を受けるようにしてください。あまりにも頻繁に口内炎ができる場合にも一度診てもらっておくと安心です。

このページの先頭へ